秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

29歳にして遅咲き?の、一人暮らしもしたことない、お金もない地理も知らないのに自転車でニートが周る、日本一周記!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マジで旅出る1日前~リベンジ・ザ・FUKUSHIMA

今度こそ。



今度こそ今度こそ今度こそ今度こそこそこそこそこそこそこそぉぉぉぉぉ!





出ます。まだ、現時点で行方不明な荷物や装備がありますが。(ヲイ


本当にファンの方々(居るのか?)長らくお待たせしました。ようやく重い腰をあげ、ワタクシ秋葉は南編をスタートさせます。

長かった…予想以上に時間がかかってしまった。
のんびりしてる、って思われたかもしれませんが、ここ数ヶ月、公私共にいろいろ波乱の状況で…
心理的や状況的に、一時期あわや本当に旅を中止せざるをえないかもしれないというトラブルがあったり、ちょっといろいろあって疲れたけどまぁ、なんとか収拾がついたので良かった。


結局、もちろん夢や目標は諦めきれず、最後までやり通したいその一心で、
かつ、様々な方からの支援や声援のおかげで、今日の再出発の運びとなりました。


約残りは約6ヶ月…たかだか7道・県をクリアするだけで半年以上かかった輩が残り7000キロ近く、
40府・県をクリア出来るかどうかは分かりませんが、頑張って行きたいと思います。


さてさて、ではざっくりとしたスケジュールをば。
まずは再スタート位置ですが、昨年中華パニアが破れて涙目になり、社長を追いかけるべく引き返した「福島県・猪苗代湖周辺」からのスタートとします。

懐かしいなぁ吾妻スカイバレーとか…サルコジさんこと岩田さんはお元気にしてるかしら…


で、話を戻しますが明日はウチのツレと桧原湖でスモールマウスバス釣りをして(笑)、
そこから地元の同級生の住む栃木県宇都宮市に週末に向かって走って行きます。


正味200キロないし、途中で日光や気乗りしたら「いろは坂」も登る…かも?しれないですがブラブラしながら南下します。

その後更に南下し、茨城県庁を制覇し、前にも話しましたが、潮来市にある釣具屋「潮来釣り具センター」に行ってミラクルジムこと「村田基」氏に会い(あえるまで付近で野宿したり北浦で釣りしたりします)、
その流れで一気に千葉県入り、房総半島を一周してから、東京→埼玉→横浜っていう流れで行こうと言うのが今のスケジュールです。


今んところさしあたって問題なのは「群馬県・山梨県をどのタイミングで陸上するか」ですかね。なんせヘタレライダーだからなるべく遠回りはしたくないし山も登りたくない。
そうなると、当初の予定通り帰り際に長野に行ったついでにサクッと行こうかな、とも考えてます。

でもまー、近くなったらなんかいい考えが浮かぶかなぁ、と。今考えても、多分損得勘定優先にして決めそうだから…


そう、僕の旅のstyleは「FREERIDE」。そんとき走りたい様に走るだけ。行き当たりばったりな旅がしてみたいので。






さぁ、まだ荷物は纏まってないぞ。準備準b...(ry

スポンサーサイト
  1. 2014/05/20(火) 02:21:58|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅は終わってないが、ひとまづ東北を微妙に制覇してまとめ雑感。

おはよーございます。ただいまわたくし達は青森県の鰺ヶ沢市の海の駅「わんど」付近の東屋に居ます。


ホントは道の駅もりたというとこまでいくつもりでしたが、
小雨も降ってきたし、もう50キロ「も」走ったし笑、
そこでお酒も買ったし、特産品も買ったしさぁ…と港から釣りを終えて帰ってきたら

   ∧∧
  ヽ(・ω・)/ ズコー
 \(\ ノ
、ハ,、  ̄
 ̄"


トイレ閉まってる…


違うところの森林公園に行ったら野宿禁止、隣のトイレは夜7時で閉鎖…

ありったけのペットボトルに水を詰め、近くにあった草ボーボーの東屋に逃げ込み、事なきを得るが、
民家が近くにあり、窓際からジーッと見つめるご老人…

一応看板に泊めさせてくださいの旨は貼っておきました、が、
よくよく考えてみたらもし自分の家の前にそんな人が現れたら?
と、考えてみるとあまり気分の良いものではないですよね。


と、とりあえず近況を報告した上で、旅して分かった教訓や、
これから旅人になる予定の人へ、参考になる?内容を取り留めて置きます。



まず…


水は大事。これ当たり前。だが、水場が必ずあると思わず、
かつ水は積めば積むだけ重くなり、また、最悪川の水やトイレの水を飲むことも覚悟せよ。



僕のブログをお読みになっていた方はお分かりかもしれませんが、
特に山岳地帯に少なく、かつ水が必要で、水は重さがあるので悩みどころ。

季節や標高、走る距離にもよりますが、少なくとも20℃以上だったら2L近く必要だと思います。
逆にそれ以下なら、1L前後あれば間に合う可能性もあります。


スポーツドリンクなどは気分によって。
ちなみに夏の暑い日に飲むお湯の様なスポーツドリンクは「クソマズ」です。


あと、コレは自己責任になりますが、標高の高い山の、
周りに田んぼや畑が少ない様な場所で流れが早い川の水は、飲める場合が多いです。怖いなら煮沸で。少なくとも東北は大丈夫でした。


他の旅人も同じように飲んでいる様ですが、とりあえず生きています。
ただ、青森県と岩手県は前にもお話した通り「エキノコックス」の心配があるので控える、もしくは準備をする。


ちなみに秋田の道の駅八森の裏手から湧き出す「甘露の水」は水質調査も通り、
遠く岩手から汲みにくる方もいるくらい、飲んで甘露(美味しいの意味)、ご飯炊いて甘露の美味しい水でした。

自転車日本一周するなら必ず通る道になると思うので、機会があれば是非立ち寄ってみる事をおすすめします。


次に。必ず非常食、携行食を持てー 水と火がなけりゃ、米もパスタもただの武器



便利ですよね、乾物って。お湯で戻すだけで食べられますからね。


しかし、そのお湯を沸かす火が、水が無かったら…


ここからは一子相伝の技を教えるため、安易に人に伝える事は自分の身を削ることになる覚悟で教えます。









食パンとみたらし団子があれば、神野ヤスオ(22)流奥義「みたらし団子パン」が作れるでーほんまうまいでー!






説明はいるまい…これほど炭水化物×炭水化物な食い物もそう無い。


ちなみに想像してる以上に普通です。食パンの中に餅が入ってるから食感も悪くない。


え?味?師範代はみたらしを猛プッシュしてましたが…僕はあんこの方がグサッ(神野流派からの攻撃


秋田で出会った1日150キロ走る若旅人、神野ヤスオくんが教えてくれたのは、
他にもチョコレートシロップを使って作るパンや、
マックでチキンクリスプ2つ買って朝まで粘る作戦など。


毎日豚キムチ鍋やアイナメのムニエル、ワタリガニの味噌汁など食べている、
我ら牛歩ライダーには耐えられない環境ですが、いざという時、とても役に立ちます。


食パンは軽く、折り畳めば笑携行性に優れているので、
もし食事の時間を削ってでも1日の距離を稼ぎたかったら、あらかじめサンドイッチにして、
ジャージのポケットに詰め込んでおけば、走りながら食べられる。

「やまめの学校」校長、堂城先生も選手時代実践していた方法なのだが、ジャムや果物の缶詰め、
たまにチーズとハムを挟んでおくと、リッチな気分になれるそうです。


ただ個人的には、パンは 「トルク」が足りず、燃費が普段のロングライドでは気にならないが、
クソ重い荷物や激坂を登ったりするとき、パワー不足を感じるので、適材適所ですね。

その場合はおにぎりに塩まぶしたモノでも良いでしょう。はっきいって人間そんなもんでも生きられます。
  1. 2013/06/21(金) 07:03:28|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

救難信号とか出してません。生きてます。近況報告。6月19日現在の動向

どもども。放置してすんませんねー。青森県に入る手前辺りからいきなり僻地に変わり、
電源の確保どころか、食料や燃料の確保すらままならなくなりました。
我らのバーナーはカセットガスを使うためそれなりに入手性は高いはずですが、
そもそもコンビニどころかスーパーマーケット的なものがないです。


まだ、寝る場所があること、水場のある公園があるだけ、マシかもしれませんが。


そして巷では台風が近付いている事もあり、雨がパラつくため、停滞気味になっています。


なので、一気に書きためたブログをちょいちょいアップしていく予定ですが、
せめて今どこにいて何をしているのか位は伝えておこうと思います。


とりあえず山形県を脱出し、秋田県を北上し八郎潟でブレず笑に滞在、
見事人生初となる40アップのバスをぶちあげ、広大な八郎潟の脇を通り抜け、
ここから北は未知の世界で、いよいよ旅らしくなり、スラムダンク等で有名な「秋田県の能代市」を抜けていく。


ここで重くなるからと買い物をしなかった事が後々に響き、元々少なかったお店が一気になくなる。

くわえて山越が始まり、天候も崩れ始め、徐々に速度が落ちる。
運良く県境に佇む「道の駅八森」が見つかり、着いた瞬間に雨が降るが、
店員さんがとても良い方で泊まって行きなよ、と仰っていただいた為、一泊。

しかし次の日の店員さんは若干邪魔くさいオーラを発せられ、居づらくなり、
雨が上がったところを見計らって出発。数キロも走らないうちに青森県入り(笑


そしてその勢いでガンガン走るが、どうも人や車通りが少ない。
家並みはない訳じゃないが、活気が無く、嫌な予感がする。

現金も少なかったので唯一?あった郵便局で訪ねるも、コンビニやスーパーはないとの事。
あるのは小さな昔ながらの商店街と金物屋さんみたいなもの。


挙げ句大小様々な自然湖からなる「十二湖」という場所があり、
その中でも神秘的な美しさを誇るという「青池」と、幻の魚「イトウ」と言う魚を見るべく目指すが、
山の中に有り、ルートを見ると2.5kmとあるが案の定激坂、勾配は11%近いのもあり、久しぶりに押す。

が、なんとか気合いで2人ともたどり着き、初めて見るイトウの迫力、
人工的に藍色の絵の具を垂らしたのではないかと言うほど真っ青な池を見てご満悦。

ついでに僕は久しぶり、まこ亭氏は初めての「ツキノワグマ」が飼われている店でしばし見学。前日道の駅でクマらしき気配を感じ二人とも寝不足だったことを思いだし苦笑い。
そりゃあんなんに襲われたら助かりませんわな。


で、やはりそんな坂を登ったもんだからあっという間に体力を消費し、
次の道の駅まで20キロちょいあること、山を越えて行かなくてはならないということも重なり、
たまたま見つかった「国道101号ゆとり駐車帯」という場所で一泊、そして人生初の「○衆○所の中で水浴び」を経験。

いくら服を毎日洗濯しても、自分が汚いから全く意味がなかったんですよね。
それにイライラして、考えた結果カッとなりやってしまった、と。今は後悔していない。あの時の爽快感と言ったらもう…


ちなみにまこ亭氏は先日一足先に水飲み場でデビューを済ませたらしく、格の違いを実感。笑


今はちょうど晴れたので、この地点から20キロほど先の青森県深浦町にある「道の駅深浦」までせめて北上しようと出発するところです。


関係各所ならびに全く更新されないにも関わらずブログを閲覧しに来ていただいている皆さんにはお詫びと共に、
感謝とご報告としてかえさせていただきます。


とりあえず生きてますから、ご安心を!



なに?お前がそう簡単に死ぬはずねーべって?!
失礼な!僕だって、僕だって、僕だって…



「キ ン キ ン に 冷 え た」ビールが飲みたい!(結局それかい
  1. 2013/06/19(水) 14:53:52|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月28日、桧原湖上陸~初のスモールマウスバスゲット…

ならず(泣



過去の記憶を頼りにして更新の為、時間軸のズレや、リアルタイム感が薄い内容となりますがご容赦下さいm(_ _)m


5月28日。前日、死ぬ思いをして頂上でビバークし、
翌朝、結局誰もいない恐怖にみまわれ、ほとんど寝れず。笑


と思って翌朝起きたら、ものすごい登山者の数。
大学生?高校生?の一団がやってきて、騒々しくなってきたため、荷物を纏めて下山。



標高1800メートルのダウンヒルはさすがに走りごたえがありました。無くなりかけてたブレーキシューが一気に無くなった笑


次は中津川渓谷方面にに向かうべく、「レークライン」を走る。
まぁ、ここも標高997メートルもありましたから、それなりに坂でしたが、
2時間押したくらいで越えられました。(押すのがデフォルトになってる笑


そして秋本湖、小野川湖を眺めながら直滑降ダウンヒル!ゆうに時速70km/h近く、
元々効かないブレーキがなお効かず、コーナー手前では全握り。
コーナー中はブレーキかけて行かないと、重みでどんどん加速する。


多分ね、経験から言うと下手なバイクより速かったと思います。膝スリ出来そうな速度でした笑


ここで旅中初めての食堂を利用。
中津川レストハウスってところで、福島と言えば「ソースカツ丼」らしいので、950円出して食べる。

うん、まぁまぁ、かな。という感じ笑
店員さん暇そうだから話しかけてきてくれるかな、と思ったが、
暇すぎるらしく、僕(客)が居るのに隣で飯食い始めるわタバコ吸いだすわで興ざめして店を出る。


元サービス業の悲しい性か…普通、お客さん居たら、居なくなるまでか、分からない様に休憩取りますよね。

まるでどこぞの2時半過ぎに行くと新聞読み出したり電気消し出すラーメン屋みたい。(内輪ネタ笑


でも…しょうがないのかも。だって本来は原発事故さえなければ、平日でもそれなりに、お客さんが来て賑わってたのかもしれない。

確かにバイクはブンブン走ってるが、きっと心の隅で皆同じ事を少しは考えてるだろう。「被爆の影響」を。


今回福島にはかなり居たわけですが、岩田さんも仰っていたけど、
ここまで自然が豊かで、見所がたくさんあるとは思ってませんでした。


ホント、原発がなければ、としか言いようがない。


ただ、こうして旅をしてれば、「そんなにエネルギーは要らないんだな」と思う反面、
道の駅、トイレ、主要施設…すべて電気があるから明るいわけで。

寂しくなっても、建物の明かりを見ると、少し落ち着けるわけで。
こうしてブログを書いて、遠く離れた相手と会話を出来るツール「携帯電話」も、
途方もないエネルギーと電気を使い作られ、使われている。


普通の暮らしをしていれば、決してこんな事は考えない、
いや、考えられないというか、考えさせてくれないだろう。だって生産者からしたら買って貰えなくなる訳だから。



めっちゃ話が脱線しました笑 すいません。


で、到着したのは夕方5時くらい。まだ明るいし、良さそうな野宿地は来る途中あったし…





ビシュッ!(コラ





とりあえずノーシンカーのイモグラブで様子見かな。うーんこの湖深い。落ちたら助からな…




ガツン!



うわスモールデカ…




…バレた(泣 40近かっただろ今の…



もう一度キャスト。連続トゥイッチを入れた瞬間、バスボートの影からさっきのバスが、水面割って飛び出して来た。


心臓がバクバク言ってる。しかしまぁ乗らない。
スモールが難しいってのはこういう事なのか…てっきり警戒心が強いのかと思った。


そんな事ない。山形のラージマウスなんかよっかよっぽどスレてないし、獰猛。

捕食が下手なんだ。あと、最後の日に気付いたけど、多分口が固い。だから刺さらずバラす。
新品のフックにして、バイト→ライン送る→追いアワセでようやく捕れだした。


しかも面白い事にスモールっていわゆる「コバッチ」がほとんど掛からないらしく、
実際見えバスもいなかったし、ルアーにアタックしてこなかった。
だからだいたい30~38cm位のスモールにしては良型しか掛からず、
ミディアムアクションでもスモール独特のヘッドシェイクと、
トルクのある鬼ツッコミでPEラインをキュンキュン言わせて楽しませてくれた。

(ラージだと横っ走りしたりエラ洗いしますよね。)


そんなこんなで一日目はそんな悔しい思いをしつつも、
いろんな方からお声をかけていただいたりして、






焼きそば作ってビール飲んで就寝。(食事でストレス解消笑

  1. 2013/05/28(火) 19:57:06|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さっそくチート~福島市→宇都宮~餃子三昧

サセン、さっそくチートしちゃいました(^_^;)


とりあえずディレーラーを山形からツレに持ってきてもらい修理、
元通りに戻ったが、せっかくなのでドライブがてら、同級生の住む栃木県の宇都宮市に、下見がてらクルマで行ってきました。
(もちろん、福島市内に戻って再スタートします)


国道4号線を南下する際、北上していく日本一周らしき方々も何人か見かけました。
しかしなんていうか…荷物や自転車は人それぞれ…

かたや、僕と変わらないかそれより多い荷物を積んでる人、
2サイド+リュックを背負ってる人、
その格好で日本一周するの?みたいにフランクな方々…



僕のやり方は多分、本職が故に、決めすぎているというか、
臆病な性格がモロに出ているのかもしれない。荷物の量にしろ積み方にしろ、行動にしろ…


もっと他人を信じるというか、おおらかにならないと、この先保たない気がするんです。

とはいえまだ3日目。なれない土地や雰囲気に馴染めていないのもあるでしょう。
それに3日目からは慣れる、とも聞いてますからね。大丈夫でしょう。


とりあえず一旦さらっとだけ更新して終わります。すいませんガタガタなブログで…
  1. 2013/05/26(日) 13:08:51|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。