FC2ブログ

秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

29歳にして遅咲き?の、一人暮らしもしたことない、お金もない地理も知らないのに自転車でニートが周る、日本一周記!

食料を現地調達する為の器具~





えー出発も明日と差し迫っているにも関わらず、まだ荷物を纏められず、
かつ貯めに貯めたブログを今更一生懸命更新してる秋葉です。ご無沙汰してます。笑


フェイスブックやらmixiやら手広くやってるのが悪かったのかな…
ただでさえ大変な携帯電話によるインターネッツがなお大変です。
今までのブログ携帯電話でやってるのが周りからすれば信じられないらしい。(何発ボタン叩いてるのかな…



さて。今回の内容は、食料を現地調達するために、あるものを手に入れました。それは…


画像


はいっ、アルファタックルのTRGRネクストリームうぅ~(866M





こらそこ!その金でスーパーで魚買えるだろとか夢のない事言わない!



やっぱり、僕にはコレがなきゃ始まらない。何か引っかかって出発出来なかったのもコレが原因かも…(言い訳


コレはいわゆる、釣り竿です。パックロッドといって、
通常は2.7mほどの竿を2分割(2ピース)して持ち運ぶのですが、
コレは自転車で言う「折りたたみ自転車」に相当するのかな。

如意棒の様に伸び縮み(テレスコピック)が可能で、畳むと50cm前後になります。



僕、釣りが好きなんです。いや、小学2年生からやってますが、好きというレベルを超越してるかも。

とはいえ自転車同様、タックルの値段とかにはあんまりこだわりがなくて、
基本的に使えればOKで、工夫やテクニックで補えば良い、と考える。


それにパックロッドは嫌いじゃない。元々2輪乗りでしたから、
釣りに行く=自転車かバイクになるわけで、走ってる時に何本折った事か…(遠い目


その上で携行性は非常に大切な訳です。まぁ、コレ買わずとも、
安い2ピースロッドもありますから、最悪折れたり盗まれてもいいや、
と自転車に括り付けたままでも良いのかもしれませんが…


釣り竿って、釣りする人なら分かると思いますが、魂が宿るというか、
相棒の様な存在で、魚を釣る度に思い出が増え、手放せなくなっていく。


幾ら安竿でも、盗まれたら悲しいし、折れたらショックですよね。
ですから、今回で出番は少なくなるかもしれないが、思い出作りに、と一揆念発、買いました。が。



うはwwコレ今持ってる安シーバスロッドより使いやすいwww



流石に定価で3倍近い(どんだけ安ロッド使ってんのよ...)だけあり、振りやすく竿のしなりも良さげ。今後バイクでよく庄内(海)に行くので、走っててナブラ(魚の群れ)を見つけたらジグ(ルアー)をフルキャスト!なんて事も…夢がひろがりんぐ、と。


やっぱり良い値段する竿は違うんです…
まぁ、某まこ亭氏http://ypkg3jz.blog.fc2.com/?mは、
僕の竿なんか足下にも及ばない超高級タックルを使って日本一周しながら釣りされてますが…笑


それに組み合わせるリールはまた激古な、中古屋で2千円で買ったガタガタのアルテグラ4000番。

コレ多分僕が中学生位の時(14年前)に売ってた奴だと思う。

さすが腐ってもアルテ、PEライン使ってもトラブルは皆無。巻きも重量も重いですけどね。(古いからね


コレにPE1号を150メーター巻いて行きます。

本当は房総半島や九州の青物に備えて1.5号とかにしとけば良かったがまぁ、今更遅いですな。(PE高いんです…2千円位するんです…


ルアーは先日Amazonで1本だけ買って大事に使おうと新品のラパラのCD7を1千円出して買ったら、
翌日タックルベリー(中古釣具屋)にほとんど新品の様なCD7や9や11が420円で売られてて、
カッとなって全て買い占めたのでそれを持って行きます。(アホ


あとは手持ちのルアーをちょこっと。例えば海の根魚やトラウト用に、コータックのスプーンとかワーム少々、
久しぶりにナマズ釣りたいのでヘドンのクレイジークローラー、
九州のキビレを釣るべくT.Dポッパーなど。


サーセンねーマニアックで…
でも多分釣り関係で検索かけてきていただいた方なら「ウンウン」と言える内容だと思います。



で、ここまでしたり顔で書き連ねといて何ですが、わたくしまだシーバス(スズキ)釣った事がございません。爆


まぁ、本格的に始めたの一昨年くらいですからね…まだ4回も行ってないかな。

なのに、もうルアーは数え切れないほど…(安いとつい買っちゃうのよね…



で、せっかくシーバスのメッカの近くを通ったりするのだから、
流石にまこ亭氏の様な壮大なルールは作れませんが、一つだけ、作ろうかと。



旅中、必ずルアーでシーバスを仕留める!


と。


無理そうだったら方法とターゲット変更します(卑怯



  1. 2013/05/21(火) 10:13:59|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

熱帯雨林で宝探し。(たまにYahooで

てなわけでここ数ヶ月でかなりの額が装備品として消えていきました。
やー本当お金かかりますね。コレ全部自分で組み付けたり出来るから良いが、普通だったら…(恐


まず、火。

結局、SOTO(新富士バーナー)のST310を購入しました。コレはナチュラムにて。一緒にコッヘルもセットのものがあり、ガス1本ついて5千円ちょっととお買い得。





使い勝手はかなり良し。多少重いが、やはりライバルよりかなり広い五徳のため安定するし、火力も強い。

流石に外気温が4~5℃辺りになると火力は落ちるが、手で暖めれば使えるし、
純正ガスカートリッジを使う分には低温でも全く問題ない。



ちなみにコッヘルもおまけ程度かと思いきや、コレがかなり使える。


表面にハードアノダイズド加工がされており、
チタンなんか足元にも及ばない位煮炊きに使えるし、軽さもこの丈夫さなら致し方なし。

何よりバーナーとコッヘル2個をスタッキング出来るのが強み。
サッと取り出してコーヒーを沸かすのにも重宝します。


気になる燃費ですが、ほぼ毎日使ってみて、1日2回ご飯を炊き、
焼き物と汁物、コーヒーや飲み物を沸かす使い方で、ガス1本を4~5日位で使い切る感じ。


ガスは一本100円以下ですから、単純に割って1日辺り20~25円ですね。

ただ、風が強かったり、うどんやそばなどお湯を沸かすのに使うともう少し燃費が悪くなる。


ちなみに恐らく、燃料費だけで言えばガソリンの方が安上がりです。
火力も強いからたくさんのお湯も直ぐに沸くし。


ただし、ガソリンバーナーはそもそも器具が高いのと、
プレヒートだのポンピングだの面倒な「儀式」が必要な点がデメリット。

それが「旅をしてる感」もあるし「マニュアル感」もありますがね。チャンネー受けも良いでしょう。


ガスはコック捻って点火ボタン押すだけ。オートマチック的。


ただ僕はクルマもバイクもマニュアル派ではありますが、コレばかりはオートマ風を選ぶ。
ロマンで飯は喰えませんからね。


それにガスの入手性に関してはコンビニから100円ショップまでどこでも手に入る。

唯一の欠点は「空・若しくは満タンのガス缶を複数本持ち歩く必要がある」事くらい。

だいたい3本セットだったりするし、中身が無くなってもガス缶1本分のスペースは殺せない。



あと…他に買ったと言えば、コンポーネント関係ですかね。
結局32tカセットにするだけでは飽きたらず、フロントもトリプルのクランク(空)に、





RDもデザインを合わせる意味で、デオーレから空に変えました。(なんとSORAは32tカセット対応。





コレでまぁ、なんとか…押さずに登れる所が若干増えるかな、位ですかね。


もし自転車乗りに自信があって、「日本一周なんか簡単だぜぃ」と言う方は一回、
自転車に乗ってザックで結構ですから、20Kgくらい背負って走ってみてください。登り。
(ママチャリに実装すると尚リアリティが増します)


めっちゃ辛くなりません?本番はもっと辛いですよ。空気抵抗が増しますからね。
(ドロヨケはもちろん、荷物自体が更に空気抵抗を作る)


だから、日本一周車乗っても20km/h出たら御の字ですが、
ロードレーサーに乗りかえると、平均時速30km/hも夢じゃなくなります。
(その位、負荷が掛かります。自転車にもね)


更に低ギア化も出来ますけどね…確実性をとると言う意味で僕はここに落ち着きました。

(興味あらばコメントください。夜が明けるまで飲み語らいましょう笑)




あとは…1.5Lペットボトルが収められるボトルケージ、かな。
へそ曲がりな僕は、定番の箕浦製ではなく、BBBというメーカーの、
フューエルタンクXL fueltankXL BBC-15という物。







当たり前ですがめっちゃデカいです。コレならそう簡単に水は無くならないし、
マスの集中化による運動性能の低減も…(略


ちなみに箕浦より個人的には使いやすそうだし頑丈だと思います。

箕浦の物と違ってフック式の受けだから、ボトルの取り外しも用意。
(箕浦はゴム式なので外すのが億劫)


そして最後に、皆さん気になる?携帯電話などの充電関係。
せっかく普段の喧騒から離れるんだから、携帯電話も要らないぜぇ!という漢はさておき、
今や携帯電話無しの生活はなかなか難しいかと思います。


僕はこのガラケー一台(G’zOneTYPE-X)でカメラ、通信、ブログ更新を賄いますから、
いかにガラケーといえど結構バッテリーにシビアな状態。(コレでブログ更新も結構ツラい…(笑


そこで、いわゆる「モバブー」を見繕いました。

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (ブラック)という品。






そう、10400mAです。笑


一番?デカい。


充電に10時間ほどかかりますが。笑


しかーし、計算上だと僕の1270mAhの電池のケータイだと5~6回充電出来る計算に。(損失があるので10400÷1270という訳ではないんです)

スマホでも3~4回充電可能だそうです。他に僕は純正バッテリーを持ち歩くので、
毎日充電したとしても、最長1週間弱は大丈夫なわけですね。

しかも値段が安い。なんと3280円!
(日本製のものは半分の容量でも多分それより高いです)

まぁもちろん中華の品ですから当たり外れはあるかもですが、
Amazonのレビューも概ね好評だったし、今回の旅だけ保てばいいので…


それと注意点ですが、コレを充電するにはUSB出力のある環境が必要です。

じゃあPCあれば…となりますが、PCの出力で充電すると出力が足りなくて途方もない充電時間がかかるみたいだし、
家庭用コンセントしかない環境の方が高いと考え、
別売りのコンセントをUSB出力に変換出来るACアダプターを購入しました。(800円程度


容量としては2000mAほどあると良いでしょう。1000mAでも良いです。

ケータイとモバブー充電したければ2ポートや4ポート(USB差込口)もあります。





僕はご覧の通り4ポートモデルを買いました。
ただレビューに4ポートモデルは不具合が多い(4つ全て使うと)らしいので、
確実性を求めるなら、2ポートモデルが良いでしょうね。


あとは写真はありませんが、セリアで買ったクルマのシガーソケットから取るUSB出力のもの、
いわゆるカードリーダー的なもの、今回は予算の都合から見送り、
全て携帯電話で写真を撮り納めるため、プリントに適した2Mサイズや、
ブログ更新用に0.3Mサイズもバシバシ撮れる様に安売りしてた4GBのmicroSDHCを2枚、用意。

この辺りはIT関係(笑)に疎い秋葉さんは脳みそ沸騰させながら選びました。
デジカメ、有った方がいいんでしょうけどね。出先で気が向いたら買います。
  1. 2013/05/11(土) 21:36:59|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

中華の國より届きし我が家

だいぶご無沙汰ですいません。
ケータイ修理に出したら1ヶ月以上戻らないっていうアクシンデントが発生しまして…

代替え機が自機より更にクソガラケーな韓○製ケータイ渡されまして…

最初2週間位って言われた気がするんだけどなぁ…
まぁ不人気機種だからしょうがないかね。
一応曲がりなりにも耐衝撃ケータイだから部品もあんま作ってないのかな笑


さて、本日テント、ならびにその他諸々の機材が届きました。


ダンロップ?モンベル?なにそれおいしいの?


男は黙って中華テント!

ドッペルギャンガー()より更にマイナーな、
NatureHikeというブランドのテントにしました。(怪しさ満点)





ネットの評判みる分には結構悪くなさそうだったし、
実際スペックだけ見たらとてもこの値段では買えそうにないコストパフォーマンスの良さだったので決めました。

ついでにいろいろ安かったので、送料まとめる為に試しにポチってみた。

あ、Twitterでもつぶやきましたが皆さん、
こういうのは夜、特にお酒を召して見るのは止めましょうね。

何故なら、物欲大魔神が降臨してよくも見ずに、
余計なものまで買ってしまうからだ!




イヤッホオォォォウ!!





実際「コレ今回の旅で別に使わなくねぇ?」的な物をだいぶ仕入れてしまいました笑


まぁ、安いからいいんだけどさ…帰ってきてから登山とかするときに大活躍するだろうし…


他には折りたたみスプーン&フォーク&箸のセット(with折りたたみオタマ)、
HI-TECというメーカーのエアマット、テントの下に敷いて結露や浸水を防ぐ為のグランドシートなど。





はっきり言って完全な自己満です。確かにスタッキングすれば全てコッヘル内に収まりますが、使い勝手が…


箸は普通の箸で問題ないし、割り箸を寺さん(寺崎勉氏)みたいに削って使うのもワイルドで良いでしょう。

スプーンもフォークも、要らないっちゃ要らない。
どちらか言ったらスプーンさえあればいい。それも折り畳めなくて問題ない。

オタマも直接コッヘルからいただくなら全く不要なもの。


まぁ、安かったから良いんですけどね。値段的にダイ○ーに毛が生えた位で買えたし(恐ろしや中華アウトドア用品...


あ、ダイソーといえばフライパンは妥協?して別に持つ事にして、
ダイソーのペラパン(勝手に命名)にしました。


めっちゃ軽いし、1人で焼き物するんなら充分な大きさ。(ちょっと浅いのが残念

焦げ付きも、弱火で使う分にはご覧の通りホットケーキ焼いてもくっつきませんでした。笑


テントに関しては、今まで使ってたシングルウォールのペラペラテントとは快適度がまるで違う。

まずね、風通しが良いし、とにかく広い。一応3人用なので。

設営もダブルウォール(フライ付き)にしてはツボを得た構造の為、真夜中でも難なくこなせる。
(完全にダ○ロップとかのパクリですね)


テントポールやペグもジュラルミンですから、軽いし折れたりする事もないでしょう。

ただこの大きさは…自転車、ソロキャンパーにはちょっと大きい、かな。






大は小を兼ねるとは言ったものの、1人分のスペースを増やす代わりに、
300g重くなること、また冬は荷室が増える=寒い(空気が冷えやすい)んですね。


4サイドを全て入れて寝るとちょっと窮屈に感じるかもだが、2人用で充分寝れると思います。


エアマットは写真撮り忘れてしまったんですが、1680円でこの造りなら安い。

畳めばコンパクト、広げれば190cm近くあるので大の大人でも寝れるし、
今のところパンクもしてないし、寝心地も良好。

エアマットがあるなら下に敷く銀マットもダイソーとかのペラペラので充分ですね。
(結構銀マットって、かさばるんですよね…)


グランドシートはビニールシートでも代用は利きますが、
やはり防水性を考えると重くなるし、専用のものが安心です。
僕のは元々はタープだと思うのですが、それを下に敷いています。

ちなみにグランドシートを敷かないとどうなるかというと、
テント自体も防水はしてあるものの、それにも限界があり、
なおかつテントと凸凹の地面が直接擦れてしまうと、
本体に負荷がかかり、破れたりするなどのダメージが及んでしまいます。


すると浸水してしまったりするので、保護も兼ねて敷くわけです。

安物のビニールシートだけでもよっぽど良くなるので、コレはあった方がいいと思います。
  1. 2013/03/31(日) 13:18:45|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

独国より届きし黒き袋(×弐)


ご無沙汰しております。よーやっとドイツから届いた~。


まぁ今回は完全に運がなかったとしか言い様がない。
安く、早く買おうとした僕の早合点と罰が当たったのだろう。


真っ当に海外輸入をし、高い税金(19%!)を払い、
至極真っ当にオルトリーブ本社より取り寄せたわけだが、
結果から言えば思っていたものと違うものが届いた(多分)し、今年はオルトリーブ社がモデルチェンジを図った模様で、
まず、フロントバックのサイズがLではなくMサイズが届き、
こちらはくだらない事と思われるかもしれないが、以前買ったバックローラークラシックと同じブラックだが、
以前調べた時点では両者とも汚れの拭き取りやすそうなビニールの様な表皮だったのが、
今回取り寄せたサドルバックとフロントバックは何故か艶消しブラックでスウェード調?
の様な布地になってしまっていて、デザイン的に若干違和感を覚えざるをえず、
尚且つ予想した通り泥汚れ等が染み付いてしまう生地でした。




もちろん裏側からはしっかり防水加工されており、尚且つ撥水加工されている様で、
かなり水は弾くのだが、恐らく旅路の途中から撥水性は薄まり、
中身は濡れないが、外側は汚れが付着したりして、拭き取りにくくなってしまう。可能性としては多分コストダウンだろうな。


まぁ、仕方ない…世界の壁はそれだけ厚く、輸入代理店というのは確かに一部ぼったくりもあるが、
親身になって製品の普及をすべく努力している会社もあるという事を、皆さんの頭の隅に置いていて欲しいです。


今回、計算してみて分かったが、決して高くはない、むしろ日本で買った方が安いです。
だって輸入手続きは僕のドイツ人の知人と、その方のお父さんに親切でやっていただいた訳で、
確かに自治区や自転車24、e-bayなどもありますが、
パソコン触れない、ドイツ語ワカラナーイ状態の僕にはそもそも購入する事すらままならなかった。



そして、今回のモデルは日本未発売の「アルティメイト6「PLUS」」であり、
そもそも通常の物もまだ日本未入荷で、4月半ば位の入荷予定だったので、背に腹変えられぬ事情だった部分もあります。


ただここで更にミスを犯し、もう少し調べたら&スマホにしていたら分かったのだが、
本国のラインナップに最強モデル「pro」があった事を頼んだ後から知った事は痛恨の一撃でありました。



何が違うかと言うと、通常のアルティメイトシリーズだと、
スマホを上に置いたり地図を載せるためにはオプションで透明ケースを買って結びつける必要があります。

しかし、この「pro」は…


なんと蓋自体がマップケースを担ってしまうという便利さ。

これなら多少高くても後付けアイテムを買うより確実にスマートに運用出来る。

加えて小物入れも防水してあり、蓋を開けるまでもない荷物等も、
前部の小物入れを開けるだけで取り出せてしまうという、至れり尽くせりぶり。



なんという俺得スペック(´;ω;`)ブワッ




まぁ、こういう時もあるさ…ここでおおらかな気持ちで「ノープロブレム」と言えるのが、きっと旅人になる道標…




…日本で出たら絶対買ってやる(コレが金欠かつ部屋に物が堆く溜まる原因


てなわけで気を取り直し、製品の紹介についてしていきゃーすねーアーダリー(ヲイ



まずはフロントバックから。機能的にはまぁ至ってフツー。

前モデル(5)と異なるのは、ロックが使い易く?なった事と、
plusならではの機能として、ご覧の通り「両サイドに申し訳程度の小物入れ」がついてる位。



はい。自分で脇になんか100均一とかで小物入れ取り付けた方が絶対いいです。そもそもメッシュで防水しないし。

収納容積は、財布、スマホ、グローブ、簡単なワイヤーロック、地図、あと雨合羽入れたらほとんど終わりな感じ。

内容量にあり、スペースさえ許すならLサイズにした方が無難かもしれないです。
寸法は横幅と奥行きは変わらず縦にしか伸びないからね。

ただ、僕は芯-芯420ミリと言う幅広ハンドルを使ってるので、
旧型シマノSTIの「触角シフトワイヤー」が干渉することなく操作できたが、
狭めのハンドルだとそもそもレバーがバッグに干渉して操作できない可能性もありますね。

どっちかっていうとフラットバーや、
昔ながらのWレバーにフーデッドレバーの自転車向きですね。

どうしてもフロントバックを使いたかったら、モンベルなどの小さめサイズのフロントバッグにするしかないです。

肝心の使い勝手は悪くないです。蓋に磁石がついてるから簡単に開け閉め出来るし、
ハンドルからワンプッシュで外せて、
肩紐がついてるからショルダーバックの様に持ち歩ける。

持ち歩かない場合は取り外しボタンがカギの機能を兼ねていて、
蓋のフックに引っ掛けられるから、ひったくり被害も防げる。


コレと今回買ったサドルバックLサイズがあれば、
1泊2日の外泊ツーリング位ならこなせそうです。
今回は取り付け(られ)ませんけどね。コレはロードバイク用に仕入れましたので。
  1. 2013/03/10(日) 23:51:55|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと2ヶ月~足らない物リスト

なんか、全然実感沸かないです。あと2ヶ月したら日本をグルグル回る自分のビジョンが。


会社には死刑宣告しちゃったからもう戻れない(気持ち的に)し、周りにも言いふらした。
旅中を想定してごっちゃ鍋や炊き込みご飯、保存食による料理や味付けも板に付いてきた。

しかしなぜ太るのか分からない(笑)結構野菜食べてんだけどなぁ…
間違いなく酒が悪さしてるのはあるんだろうけど。冬は日本酒が旨いんですyo...


ちなみに一昨日半年ぶり位にロードに乗ってみたけど、流れる景色、
普段回らない土地を自転車で走る非現実的な感覚(気温1℃だから尚更かw)にニヤニヤが止まらなかったし、

荷物積んでないとはいえ、平地で時速30km、
速ければ40km/h近くで走れる自分の足に、ちょっと自信を噛みしめながら、50キロ走りきってきた。



なのにまだ、不安が残る。要はビビってんの。
って当たり前か。だってもういい大人だもんね。
いくらバカでもそこまで子どもじゃない。少しだけ世間体考えちゃいます。

それともまだ自転車も完成してなければ装備も準備出来てないからかなぁ?


まず、まだフロントキャリアが付いてません(笑)
これに関しては注文すれば、すぐ届くから問題ないか。
ただフロントに載せる中華パニアが無事に旅中運用出来るかちと不安。

フロントは補助的な役割を担ってもらう予定なので、
食べ物や、かさばる癖にあんまり重くないものしか積まない(タオルなど)けど、
もちろん防水じゃないし、生地は良さそうだが止め方が原始的(ベルクロ紐で留めるだけ)過ぎ。

後ろに当て板しないと車輪に巻き込まれたりするし、
負荷を分散する意味でも自作or買って取り付けようかなぁ。


フロントバックはgermanyから取り寄せ中。
もちろんオルトリーブですが、まだ日本に入ってないアルティメイト6plusを注文しました。

5と何が違うか忘れました笑


ただ、知人に頼む関係上、調べたり悩む時間がなく、普通のアルティメイトにしてしまったが、

今は「pro」というシリーズが発売されたらしく、
何が違うかってーと、上蓋がプラスチックで空洞、真ん中が透明になってて、
中にスマホや地図を入れられる大変便利な構造になってるみたい。
(今までのはわざわざマップケースを別売りで買わなきゃだった)

今から買う人はプロがオススメかもしれないです。


あとテント。テントね。新しいの買う予定ではいるけど、
間違いなく旅中で単純計算で150回は使う以上、使い捨て感は否めない。
だがしかし、かの地北海道ではテントの良し悪しが生命を左右しかねないという噂もあるし、
皆さんのブログを見てると幕が破れた、ポール折れたとの話がチラホラ。

でもまぁ…ヤフオクに売ってたダンロップ?辺りのデザインを模倣した、
中華テントが安く売ってたのでそれにしようかな。なんとかなるべ。


あと食事関係か。バーナーは決めました。ST310にします。
せめて食事は不満なくこなしたいので、安定感に優れる(らしい)コイツに。


コッヘルも買おうかと思ったら、欲しいと思ってるユニフレームの「山クッカー角型3」
が3月入荷予定らしいから、それまで待ちます。


なぜコレにしたいかって言うと、角型ってだけなら他にもあるけど、
大きさ、値段、そして蓋がフライパンになる奴はコレしかないからです。

(なんなら小さなフライパンと鍋を個別に持っていってもいいんですけどね。)


あとは…また自転車関係に戻るけど、ドロヨケだね。買って加工しなきゃ。
あと、クランク!やっぱ105はもったいない!笑

ていうのは冗談で、多分走れるとは思うんだけど、
やはり保険の意味や、インナー34tって平地メインだと正直使いづらい感は否めない
(普段はほとんどアウターに入れてる)から、50-39-30のトリプルに換えようかな、と。

押すくらいなら乗りたいのがMTBerの性。実際乗った方が(若干)楽なのは間違いない。
それと歯車は大きい方が伝達効率も高く(数値的には誤差の範囲とされていますが、体感上かなり違う)、
ギア歯の減りも多少は抑えられるかと思うし、何よりトリプル使って見たかったんです。

ギア比的にはクロス用のトリプル入れたいんですけどね。

この前ブルベ系雑誌を買ったらロードにMTBトリプルFC入れて、
STIで駆動してたの見て、うおーすげー理想的と思ったけど、
うまくすれば入るのかもしれないがいかんせん保証もないし、
あくまで魔改造なので、旅先で使う仕様じゃなくなる(治せないのはつらい)し、
やはりSTIを不満なく使うには推奨組み合わせ、というのは痛いほど実感したので見合わせ。

グレードは新SORAので充分。だってスルーアクスルですよ。
クランク長もトルクもりもり175ミリにするか、膝痛防止に170にするかもまだ悩み中。

確かに175良いんですけどね。ただちょっと加減速のメリハリが少なくて。
いやしかし相変わらずマニアックな内容ばかりですいません。

そりゃ普通の人見に来ませんよね。完全なチラシの裏系ブログになっております(笑


でも、本職だからこそ拘りたいし、やはり機材が心配なのです。
スポークは一応20本用意した。だって皆さんボキボキ折ってるんだもん…

ワイヤー類も出かける前に新品にしたけど、更にシフター・ブレーキ用に切りそろえたものを前後、用意。
多分九州かそこらで(8千キロ)交換する事になるであろうチェーンは、出先で買うことにしました。
だってイオンでHG53(9速用)売ってるし。
だから予備にチェーン2コマと、アンプルピン3本位で済ませました。

予備のネジ類も持った。特にキャリア用のM5にはかなり負担がかかるだろうから…
下手したらダボ穴かエンドやられるかもだから、その時はナット噛ますか、針金グルグルの刑かな。
布ガムテープ(黒)も持った。バック補修から何から、それで応急処置しようかと。


あっ補修といえば一応100均ですが裁縫針セットも買いました。
転んだりして服破けたらみすぼらしいからねー。最悪釣り糸で縫ってみます(笑


釣り糸といえばまだ釣り竿(コンパクトロッド)買ってないんだった。

みんな持ってくとしたら何ロッド持ってくんだろうなー。出来れば海の幸を食べた…じゃなかった、シーバスや、
青物のメッカと呼ばれる九州で釣りをしたいから、シーバスロッド、
それも9ft位のものを買いたいが、やはりバスロッドの6ftの収納性は捨てがたく…

でもバスロッドにイナダとかワラサかかったら間違いなく竿折られるし…笑

しかも帰ってからその竿使うのかっていうと微妙なんですよね。
帰ったら新しいシーバスロッド買う予定だったしぃ~(火事場の焼け太り野郎の発言)

ま、いっか買うかぁ。また旅して釣りに行くだろうからね。


あとは…デジカメ、スマホにするかどうか、やはり心配の種の電源確保、かな。

デジカメやっぱ欲しくなった。携帯で撮れなくはないし、
その方がブログにもアップしやすい(ノーパソ買う予定なし)んだけど、
やっぱねー、データや電池残量気にせずビシバシ撮りたいよね。別に一眼レフまで要らないから。

スマホも、この騙された感のある使えないクソケータイ(G'zOne TYPE-x)は二年の月賦をやっと払い終えたし、
やっぱねースマホ見ちゃうと欲しくなりますよ。


しかもGzOneモデル新しくなってるし!(また騙されてる


電源も中華モバブーさえあればとりあえず数日間は持ちそうなので、
電気を切り崩し、無くなりそうになったら宿やネカフェで充電、ってパターンもアリかなぁと。

噂のマック様、なんかやっぱケータイ充電させてくれなかったり、
寝てたりすると起こされたりするらしいので…(宮城の知人談。

オラに力を分けてくれ大作戦(太陽光)が使えるんなら、杞憂なんでしょうけど。


あー、悩むなー。
  1. 2013/02/07(木) 11:56:11|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:94
前のページ 次のページ