FC2ブログ

秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

29歳にして遅咲き?の、一人暮らしもしたことない、お金もない地理も知らないのに自転車でニートが周る、日本一周記!

ぶつくさと独り言

いやぁハンパない過疎感。まぁまだ知り合いとかにも存在教えてないから仕方ないね。どうも秋葉です。


今日は休みだし、平日休みだから誰とも合わないし、外も氷点下だしぃ、とポップコーンむさぼりながら更新中(ブヒヒ


さて、今日は旅路で、というよりか現代社会において必要不可欠な「通信機器」についての考察を。


パソコン?PDA?なにそれ美味しいの?という秋葉さん。
あれば便利で楽しいブログに出来るんだろうけど、
如何せん予算に組み込める訳もないし、ただでさえ「携帯の電源確保なにすっぺ」状態。


とりあえず純正予備バッテリーは買いました。でも、コレを充電する術で迷っています。


皆さんはコイ○ラン○リーや、ト○レの電源からちょっと拝借…という方もおられたが、ビクビクしての行為は…ねぇ。


そこで無い脳味噌をフル活用して、色々模索した結果、数点のアイデアが浮かんだ。

1.自転車で自家発電!


ハブダイナモに組み替えて、Reechargeという変換機で充電する方法があるみたい。
結構発電出来るみたいで、人によってはeneloop(充電地)までイケるとも聞いている。

が、如何せん高い…2~3万円は見とかなきゃいけないかな。
組み付けは全然問題ないんですけどね。


2.地球よ!オラに力を分けてくれ大作戦!


風力発電(笑)という猛者もおられたが、明らか非効率感は否めない。
となるとやはり太陽光発電、かなぁ。ちょっと高いしデカいけど、
折りたたみ式ソーラーパネルを荷物の上に載せて充電すれば結構いけるみたい。


問題は耐久性。折りたたみが故にヒンジ部が断線したり、パネルが破断したりする事例があるらしい。
あとは勿論雨の日や夜、曇りの日は無理でしょうね。


そしてこれらで発電した電力を貯めておける電池も必要ですよね。
乾電池式にするか、いわゆるモバイルブースター(内蔵型電池)にするか…

最悪のシチュエーションを考えるなら、電池式に軍配があがりますよね。ただ電池が沢山要るから嵩張るけど…


噂によるとマックで電源の貸し出しを行っている店舗があるらしいが、
携帯電話の充電はお断り状態らしいからなぁ…絶対PCより電気代安いのに。
携帯電話のユーザーが多いからかな。


最終手段は民家に頼み込んで貸していただくか(いくらかの電気代を支払って)、ネカフェという手段くらいなのかなぁ。


ただ秋葉さん。去年ビジネスホテル、先月カプセルホテルデビューを果たしたばかり。

基本的に今までの旅は車中泊か野宿だけで、宿に泊まったことがないんです。


ネカフェって、今は鍵ついてるのかなぁ…昔鍵とドアついてない店舗もあるって噂で聞いたから。

でもネットカフェ難民なんて言葉があるくらいだから、きっとありますよね?
4サイドの荷物たがって(持って)、入れるんだろうか…


まぁ電池切れたら切れたで、無いなりになんとかするだろうし、
逆に言えばそういう非日常感を味わいに行くんだろうからね。いいのかもだけどさ。

幸いにして東北~関東までは知り合いや弟がいるから、旅慣れするまでの間少しは楽なのだけども。


しかし、ホイホイと話は進むもんで、今年の1月だかに酒の席で話した事が、
今やうっすらと現実身を帯びてきている昨今。


自分でもなんでこんなに根拠のない自信があるのか良くわかってないし、
なんでそこまで無理して日本一周行かなきゃいけないのかな、って考える時もある。


んでもなんか、自分の中で「何かでっかい事やりたい」ってあるし、
今までなんか実になった話しって、あんまりなかったんですよね。煮え切らない感じが。すごくムカついてて。

今は大人?になってきたから、広く考える様になったけど。
それが逆に、旅路に向かわす興奮剤に変わってるのかなぁ…


とにかく、もう数ヶ月で二年前になる、あの地震が起き、
福島のみならず東北、まさか関東まで放射能の渦に巻き込まれた。

不謹慎かもしれないが、興味半分、取引先の会社の方々が心配で、
地震の2週間後、食料の供給も保証されていない隣の宮城県名取市まで自転車で向かった。


そこにあった光景は…

まだ、ほんのりと「死臭」の様な香りと海のヘドロの香りが混じり、
テレビでは伝わって来ない、なんとも言えない「惨状」が広がっていた。


このまま、ただ山形の地で放射能に怯えて死ぬのを待つのかー。
それならいっそ死ぬ前に、なにか悔いの残さない事を、自分の好きな事で成し遂げたい。
なら、今まで目を向けなかった「日本」に目を向けてもいいんじゃないのかな、と漠然とその時は思っていました。昔から旅も自転車も嫌いじゃなかった。17歳からバイクを乗り回し、
原付を改造してツーリングやキャンプにも行った。


本格的な自転車での自転車遊びは、実は職場が自転車屋になってから。もう7年近く経ちますが。

それまでは正直「なんであんなスパッツみたいな履いて自転車乗らなあかんの?
しかもMTBならまだしも道路しか走れないロードなんて…」



と思ってた奴が今や江頭2:50みたいなタイツ履いて通勤から買い物までほとんどロード(自転車)で走ってんだから笑えますよね。(ワハハ


うーんなんとしてもやり遂げたいですね。予算予算…
とりあえず3月いっぱいは有給含めてパート→契約社員になった高時給で給料もらえるから、
ギリッギリで30万円の予算が手にはいるかもしれない。


人は、「絶対足りない!」って言わはります。
でもね。多分わがまま言わなきゃ行けると思うんですよね。

だって彼らは多分「毎日風呂に入って暖かい場所で暖かいご飯食べたい!しかも楽に回りたい!」という思考回路から来るんでしょうね。


そりゃそれじゃ100万円あっても足りないだろうし、行く意味がない。ただの「旅行」。

僕は「危険」を「冒す」「冒険」がしたい。
まぁ今時冒険なんつったって未踏の地もなけりゃ山奥でも携帯は繋がりますけど…


今よりもっとギリッギリのカッツカツまで自分を追い込んで、
その先に見える「何か」を見たい。ただそれだけなんですよ。


はい分かってます。男ってホント馬鹿な生き物なんです。

もう尻に火ィ着けた手前、出ない訳には行きませんからね。
這いつくばってでも、成し遂げたいと思っています。
  1. 2012/12/27(木) 11:21:16|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

準備するのに必要なもの・足りないものリスト

装備品についてメモ代わりに。


はっきり言って、装備にはあまり金をかけられないのでかなり旅をなめきった内容になってます(笑)


でもまぁ、一応テストはしてるし、なんとかなるんじゃないかなぁと思ってます。


まず衣食住の住(逆からかよっ)!

テント。3980円でヤフオクで買った4年前のもの(笑)

まぁ…作りはアレです。ハンカチみたいな大きさのフライシートは強風で行方不明になり、コンビニ袋(笑)で代用、
2回も使ったら縫い目どころか表面から水が染みてくる素敵なテント。


でも今までバイクツーリングなんかでも普通に使えてました。
理由は…





屋根(公園の東屋)などに建てるから。テント要らないじゃんみたいな(笑)





ちなみに屋根の無いところでも建物の裏とかだとだいぶマシ。
この時は海水浴場のトイレ裏。夜中田舎ヤンキー達が来まくりで寝れなかったぜ!



ただ話によると北海道とかはそう言ううまい手は使えないみたいだから、考えないといけません

まぁ最悪ツレのキャプテンスタッグのツーリングテント拝借すればいいや(泥棒


シュラフも貰い物の3シーズンの安物。ただ僕は山形県という土地柄か、
結構寒いのに強くて、冬もストーブ使わない気温3~5度の部屋で生活してるので、あんま重視してない。

最悪寒けりゃフリースとか着て寝ればいいんだしね。
出来れば小さくなるのが欲しいけど、仕方ないからダイソーの衣類圧縮袋で縮めて置きます。


ただ銀マットとエアマットは必須だぬ。ふかふかの布団じゃなきゃヤダヤダヤダ(`Д´)ウワアァァン


次は衣食住の食!
基本的に自炊メインです。料理が好きなのもあるけど、自炊しないと詰み必須。
1日2~300円(1日、ですよ)に抑えるには…

しかもワタクシ食いしん坊デヴ。ただでさえ大食い。更に自転車旅とあらば、
食べる事は一番重要であり、唯一のストレス解消である筈…

今のとこ第一候補は白米。抜群のコストパフォーマンスを誇り、
そして日本人のDNAに組み込まれた「GOHAN」の文字。
あとはふりかけと味噌汁でもあればとりあえず生き長らえる事は出来る(ヒモズィ

第2候補は「パスタ」。イタリアーンヌが生んだマンマミーアの知恵。(適当

腹持ちが良く、栄養価(炭水化物。=energy)も高く、そして安い。
よくカーボローディングと称してレース前日にパスタ300gとか喰ってました。


まぁ翌朝食い過ぎでトイレに30分位引き篭もるんですがね(hahaha

コレもソース代を除けば非常に安上がりな食材ですね。


そして一番大事なのはそれらを料理する皿と鍋と熱源。


MSR?ドラゴンフライ?ウィスパーライト?チタンコッヘル?


何を仰いますやら…日本には素晴らしい調理器具と鍋がありますでしょ。


それはコレ!




火子ちゃんと雪平鍋~(ドラえもん風にドウゾ



嘘です(笑)正確には嘘じゃなくバイクツーリングでは普通に運用してました。

ただ流石に今回は自転車…スペース的に厳しい為、ちゃんとしたの買います。まだ悩んでるんだけど。


候補は3つ。SOTO FUELのST310か301、若しくはイワタニプリムスのジュニアか。全部CB缶。

やはり貧乏人や旅人にはCBが有り難い。安く、どこでも手に入るから。
それに高山で煮炊きする訳じゃないからね。それにSOTOなら厳寒期でも火力が安定するらしく、その点は心配ないらしい。

迷っているのは価格ではなく、大きさ、重さ、使い勝手。
どれも実売4~5千円で買えるから、大きな問題でない。

結局、自分の用途にはどれが合うか、の話。
それと帰還してからプライベートでも使いたいというスケベ心。



301



301は火口からCBが離れる為、大きな鍋でも安定して調理が出来るらしい。
但し、重い(イワタニとは400g、310より00g位)。邪魔。かさばる。










310はそれなりにコンパクトであるが、サイズの割には「普通に」料理が出来るみたい。
ただ唯一の欠点は中途半端であり、(イワタニに比べれば)ちょっと重い事。

ジュニアはそれこそポケットに入らんばかりに小さくなるし、圧倒的に軽く、安い(他に比べ2千円位安い)。






ただやはり料理のしやすさは前者達に譲る事にはなるでしょうね。
頂上でコーヒー沸かすくらいなら問題ないんだろうけど…
米2合炊いて、味噌汁作って焼きそば焼けるのかなって考えるとね。
話によっては、「意外と五徳が大きくて安定してるし使えなくもない」らしいけど。

「小さくて軽い」ってのはやはり魅力的だよね~。
手荒に使った時の丈夫さと、旅から帰ってきて冬山とかで使うときの着火性は不安だけど…



もう少し考えてみる予定です。ご意見あったら宜しくお願いします。



次は皿。というかクッカー。兼用。


普通に手持ちの小さなフライパンと雪平鍋の二枚体制にチタンコッヘルでいく予定だったけど、
オルトリーブが思った以上に小さかったら困るから、コンパクト化を模索。


ご飯炊いて、味噌汁作って、ソーセージ焼くなら、





このユニフレームのトレイルスクウェア3なんかがいいかなぁと。
大きさ的にもデヴの腹を満たしそうな3.5合炊きだし、
蓋はフライパンでテフロン加工だし、あんまり高くもない(5千円)し。


ま、これも熟考しよ。


最後に、衣食住の「衣!」着るもの。

特に拘り無し。お洒落さんではないから機能性重視で行く。
とはいえ最近は流石にレーパンとジャージでコンビニ入るのはちょっと恥ずかしい年頃だから、
(昔は革ツナギでジャスコとか行ってたくせに…)
機能性を満たしつつ、カジュアルな感じに仕上げたい所。

あとは衣類は消耗品と聞いているので、少し多めに持って行きます。
でもねぇこの衣類って結構「重いし嵩張る」んです…
なんだかんだで5Kg位あるからね、びっくりです。まず走行用に特化したサイクルジャージ(長&半袖)とレーパン2セット。基本的にコレをヘビロテ。
+普段着でも走れる様にインナータイプのパンツを2~3枚。
あとはtシャツ2枚にメッシュインナー2枚、ハーフパンツ2枚。
寒かった時用にヒートテックのタイツと長袖を一枚づつ。

パンティ(キャッ)2枚と、靴下は消耗品だから3~4足欲しい所。
防寒用フリースが一枚、で終わりかな。

外枠として雨合羽(なんちゃってゴアの自転車用)と小さく畳めるウィンドブレーカー、レインシューズカバーを持って行きます。


シューズはシマノのロードツーリング用の1万7千円位する「RT81」というもの。





まだそんなに履いてないから勿体無い気もしたけど、
タイヤがつま先に当たりまくって傷ついたし、貰い物だからキニシナイ!



Gパンは最後まで悩む所。普段は気にならない「重さ」と「乾きづらさ」と自転車では「使い勝手の悪さ」が目立つため。


ここまで羅列するともうサイドバック満タンに近いかも(笑)
でもまだ入れるものは数点あります。コレについては次回ネタを調べてから書きます。
  1. 2012/12/25(火) 14:21:29|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ