秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

29歳にして遅咲き?の、一人暮らしもしたことない、お金もない地理も知らないのに自転車でニートが周る、日本一周記!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋葉さん、走る発電所になる、の巻。

ついに買ってしまいました…





GOAL ZERO社製、NOMAD7V2…

家出くんも使ってたし、かの有名な日本一周ライダー「放浪するもの蛸氏」も使っていて、「コレが無かったら旅が成立しなかったレヴェル」との背中を押してくれるアドバイスをいただき、






購入にいたる。


で、感想は。






冗談です。あのですね。



作ってもらっといてなんですが、ハブダイナモ充電器要らないレベルかも。(笑

ちょっとしか減ってないとは言え、10400mAのモバブーをきちんと満充電に出来たし、何よりコイツの恐ろしいのは「曇り空でも発電出来てしまう」こと。

ちょっとぐらい雲があっても、UVカットガラスの車内でも、太陽らしき光があれば即、発電を開始してくれる。




それに引き換え(上の写真)試しに半額セールで買ってみた、4千円位で買えるパ○ソニックのライト兼簡易モバブーソーラー発電器的な奴は、
快晴でもちょっとでも太陽から外れると充電しないし、窓越しはおろか網戸越しもダメ、曇り空などもってのほか。何このクズパネル。

そりゃパネルの面積が倍以上違うとは言えもうちょっと頑張ろうよ…


コレにハブダイナモ充電器で普段はケータイを充電しつつ、ソーラーでモバブーを充電しておけば、僕の大嫌いなネカフェに行く必要がマジで無くなるかもしれない。


よく「どんだけネカフェ嫌いなんすか…」って言われるけど、まず自転車と荷物が目から離れる心配で気が気じゃなくなるのと、
あの鍵も何もない、他人が容易に入って来れる様な、しかも一日中明るい場所で寝れる気がしないんですけどね。しかも一丁前に3千円位掛かるし。

それならもう少し出して素泊まり旅館や、ビジネスホテルの方がまだ安心出来るかな、と。


あとは直接の被害は無かったが、先の東日本大震災でなぜか僕の地域は1週間以上停電し、非常に不便を強いられた経験がある為、
尚更「自家発電」には強い関心がある、という部分もあります。


コスト、で考えたらソーラーパネルは全く割にあわない。電気代はケータイ1回満充電するのに1~2円弱と言われています。
なら、3000回充電すれば…いえ、その前に機材(ソーラーパネル)の寿命が来ると思います。

でもそうじゃない。「環境負荷をかけず、電気を生み出す」という事が重要であり、大切なこと。

火も燃料も使わない。プルトニウムも出さない。
板をかざして、宇宙の力を分けてもらう、そんな神秘的な行為なのです。

画像

(すいません。このブログ編集した前の晩壮行会を開き泡盛1L位呑んだので二日酔いで変な内容に…ウェップ)


とにかくコレで、道の駅の自動○売機のコンセ○トから電気をお借りしたりする事が無くなれば、安心に繋がり、楽しく旅が出来る、筈。
旅中くらいケータイに振り回されたくないですが、かといって無ければ無いで困りますからね。

よく「旅中くらい、出会いのチャンスなのだから他力本願に」と思うこともありましたが、
確かにそれ(力を借りる)はありがたいし、僕のコミュ力を上げる為、そうした方がいいのかもしれないけど、
僕は出来るだけ、全ての事を自分でやりたいのが僕のポリシーでもあります。

多分、単純に「負けず嫌い」なだけです。たまに言われるのは「今は旅がしやすい」と言う事。

自転車修理も製作も対策も、元プロだから拘りたいし治したい。自炊も、昔の旅人はコンビニなんか無かった。だから作る。
ホテルやネカフェがたくさんあるかもしれないが、あえて野宿に拘る。

逆に僕は今の世の中は旅がしづらいと思います。世間的にも、経済的にも、環境的にも。

話が逸れましたが、そんなこんなで、準備はほぼ万端。
GW最終日辺りに出発、というか去年ワープした「道の駅あつみ」辺りから自走で山形まで戻り、福島に行くか、
それとも新潟県まで降りて、グンマーから南下していくか今考え中。

なんでそんな事を考えているかというと、今新潟県を北上中の期待のエース「ひょくのけったで日本一周のひょく君」とお会いしたい為、新潟県境でスネークしようと。そう、社長(まこ亭)をスネークした様に。(笑

そう。僕のスタイルは「FREERIDE」。走りたい時に、走りたい様に走る。
時計の短針と長針の様に彼は北上し、僕は南下する。コレを逃したら一生、は言い過ぎだが、少なくとも旅中は会えない。
でも僕らは、「日本一周」を考えていた頃から、ネット上とは言え、語り合った仲だから、是非、会って話がしたい。

とは言え彼は能登半島辺りからずっと皆さんから親切のフルボッコ中みたいですが。(笑
スポンサーサイト
  1. 2014/05/01(木) 17:56:39|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来週から本気出すー日本一周再スター




できる…する…と…思われ…多分…



そろそろいい加減、ね。寄生虫生活も(精神的に)楽じゃないしね。


大変長らくお待たせしました。秋葉さんようやく重い腰をあげて再スタート宣言します!


大事に大事に大事を取って、再来週月曜日(4月28日)にスタートいたします!
理由としてはぶっつけ本番でカスタムした自転車のテストと部品調達、ですね。


ルート的には、当初の予定通り山形市を太平洋岸に南下し、福島→栃木県→茨城県と通り、長野・群馬県辺りはぼちぼち考えていきます。

GW辺りには茨城県辺りに居れるんじゃないかと…
茨城県では「潮来市」という場所にある釣具屋の店主、我らが「王様」と「村田基さん」に会いに行きたいと思ってます。
ついに「生ミラクルジム」に会えるかと思うと胸熱です。


あと納豆でも食ってやるか…(何故上から目線



その後もずーっと南下し、しっこくしっこく!しっ(ry、四国、九州と周り沖縄へ…
このあたりがおそらく秋葉さんの「今夜が山田」的展開になると思います。多分ブログは間違いなく更新されない(笑


しょーじきめっちゃ不安です。北海道と東北はまだ、似た環境でしたし、旅人の地ですから、そんなに困らなかった。
しかも去年はまこ亭改め社長とほぼ一緒でしたから、尚更。



まーでも秋葉さんも少しは成長しました。3日風呂は要らなくても死なない身体になる為修行したり(どんな修行だよ
、とにかく荷物を減らしつつ、不安要素を出来る限り取り除いた結果…










釣り竿が4本に増えました(笑


もちろんリールも増設した為、3台のリールを持っていく事に。ただし新品を購入。気持ちよく釣りをしたかったので…


若干竿選びに失敗した感は否めないのですが、増税前で焦っていたこと、また、パックロッドはマイナーな為、選定が難しい…

釣りをしない人に説明しますと、普通の釣り竿は短くても1.5mほどあり、長ければ3.4.5mと長くなって行きます。


当然そのままでは持ち歩けない訳ですから、継ぎの部分があり、半分の所から抜き差しして短くしたり、如意棒の様に伸び縮みしたりするんですが…

僕の場合自転車旅、かつバック内に納めないと盗難や破損が心配な為、後者(如意棒タイプ)を選択。

でも今考えたら、まこ亭氏の様に開き直って普通の竿をズドーン!と持って行った方が多分、効率はいいかもしれない。(笑


ちなみに他にも新たにホイールを組んだり、変更点があったり、装備を増やしましたが、
記事にまとめるとあまりに長すぎるため別々に記事にしましたのでご覧ください。


サラッと言うと細かい部分は改良や変更は、「やまめ乗り」をさらに突き詰めるべく、「ステムをさらに20ミリ伸ばして120ミリへ」、
サドルをスプリング付きのセラ・サンマルコの「リー○ル」風サドルへ交換したくらい、かな。

ステムは…流石に数日はきつかったけど、慣れたら楽~。
といっても普通のポジションから見たら「有り得ねー!!」って言われると思います。
今お乗りのロードバイクにそうだなぁ…180ミリのステムをつけて乗ってる状態と一緒ですね。まぁ普通は乗れないでしょう。まぁいろいろ秘密があるんです。


サドルは…まだ馴染みが出てないのか、杞憂した痺れは出なかったものの、今までのサドルと違う尻箇所が触れる為、少し痛みがあります。

とは言えドロップハンドルでもバネつきサドルは「サドルに左右の尻肉を常に叩きつける感じ」が薄く、降りたあとの足の重だるさが少ない感じ。

ちなみにママチャリみたいにバネや座面が柔らかくはない為、ゴニャゴニャしなく、路面の衝撃はちゃんと来ます。

なんとも言えないので最悪サドルを2個持って行き、使い比べて片方を出先で送り返そうかと考えてすらいます。


サドルってそのくらい、相性が重要。逆に言えばサドルさえしっかり合えば何キロでも乗って居られますしその逆も有ります。

体型や体重、性別に年齢、用途や速度、使い込んで初めて合い始める場合もある為難しく、「サドル探しの旅」なんていう言葉がある程です。

ゲルパッドで誤魔化す事が出来ても、一時的なもので必ず痛み出します。
自転車旅はほぼ過半数をサドル上で過ごしますから、慎重に。


はー長かった。笑
  1. 2014/04/18(金) 09:52:34|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

やっぱり日本一周やーめ…

るわけありません!笑


そこまでワタクシ腐ってないし、臨機応変な人間でもありません。
雪降ったら?スパイクMTBがあるからそれで周りますよ。(3シーズンテント&シュラフしかない癖に…


一週間実家に居ましたが、何もしてなかった訳じゃありません。ちゃーんと…






あっあ、コレは違、気分転換にバス釣りに行ったただけで




こっちこっち。






結局ね、前後オルトリブになりました。
リア用のバックローラーを頼みました。ただしドロップハンドルの「下ハン」にちょっと干渉します。

キャリアの相性と、割合ハンドル低くしてるのが原因でしょうね。キチキチ荷物満載にはちょっと出来ないです。

だけどフロント用のフロントローラーも、結局30Lしかない(バックローラーは40L)し、
フロントローラーは需要がないのか実売価格が高かったので、リア用に。

落差の少ないハンドル(エルゴシャローとか)にしたり、キャリアを低いのにすれば付くと思うし、低重心化になります。



しかしやっぱり、パニアというか…中華は中華である、と。






パニアの連結部の次は蓋が破けました。笑


でもまぁ、あんな薄い生地で10Kg近い荷物を積んで、
テスト含めて1ヶ月ブランブランさせたらそりゃまぁ、壊れますよ。

せっかく作ったアルミ製バックサポーターも、レインカバーも不要になり、
もちろん売りの比類なき頑丈さと防水性と取り外しやすさと荷物の入れやすさが向上し、
軽量化と簡略化になったけど、結局バック自体がめちゃめちゃ重くなった
(多分300g前後→1800g笑)ので、相殺かな。泣


でも不思議な事に、軽く走れる気がするんですよね。変えてから。


多分荷物の重量バランスとか、空気抵抗とか、そういうのが関係してると思います。

前のバックは凸凹が多く風をはらむ形状だったけど、
オルトリブはつるっとしていて、全体的に丸い形状。


それと「しっかり取り付いている」というのも重要なファクターで、
グラグラせず、剛性が高いので、ダンシングやコーナーでフラつかない。

あとは防水性と耐久性ね。まぁコレは言わずもがな。
とりあえず今のところリアは壊れる気配はない
(しいて言うならフックの一部が変形していて、スペーサーが外れやすくなってる)ので、大丈夫だと思います。


で、各SNSなどで通知はしておりますが、福島までは行ったものの、
コレから梅雨に入る(空梅雨らしいですけどね)し、
現実的に考えて今から南下して北上したら、北海道入りが冬になると考え(当たり前だろ)、
先に北海道~東北を制覇してから、南下して沖縄に向かうことにしました。

なぁに残るは岩手、青森、秋田…どうということは…




ある泣



特に秋田…青森。岩手もまぁ何もないという点で(コラ)、つらい目には遭うと思う。おそらく秋田と岩手の盛岡以外、「ネカフェって何だっぺ?」のレベルでしょうね。

しかし、北海道なんてさらになんもない土地に行くのだから、慣らしと思えば悪くない。
それに山形から秋田市、岩手は久慈市までは走った(クルマですが)経験があるので、土地勘が全くないわけじゃない。

だから、なんとかなるんじゃないかと思ってます。


それに、一緒に走る走らないは別として、まこ亭氏とも合流する予定ですからね。


福島に居るときから、気になってました…(ウホッ

やっぱり、人間、否、僕って弱い生き物です。そうやって何か目的を作らないと、真っ直ぐ走れない…

でも、たまたま僕は、その目的が人と若干違っただけ。


桧原湖で会った学校の先生に何か話してくれって言われた時チラッと言ったけど、
表向きはまた自転車屋に働くとき有利だからなんて言ってるけど、日本一周なんて、きっかけに過ぎず、ただ働きたくないだけ。いや、ホント。


ただ、この目で「日本」を見たかったから。メディア(TVや新聞)を介さない、本当の日本を。

ご都合主義に溢れた輩の描く嘘と汚れにまみれた「日本」ではない、本当の「日本」を。


もしその行為に文句を言ってくる輩がいたとしても、別にそれで何が悪いんですか?
自分の貯蓄で生きてるだけで、犯罪は犯しちゃいない。

あとから苦労するよ、と言われても、僕としては、
皆と同じ様に、勉強して、学校に行って、働いて、
ある年になると、「けじめつける」だの「落ち着くんだ」とか言って、
結婚して子ども作って、ウサギ小屋みたいな家建てて、
住宅ローンの重圧に一生押しつぶされ定年まで社会の歯車になる様な人生が、皆にとっての正解ですか?と考える。

(別にコレが不正解だよ、と僕は言えないし言いません。)

そういう風に決めちゃうのがいけなくて、だから今の若者(彼ら)
はふてくされてるというか、人生に岐路を見いだせないのだと思う。


別に、良いんですよ。勉強しなくたって。努力しなくたって。


その分後から困るかもしれないけど、人生なんとかなるもんで。それが人生のスパイスになったりする。
少なくとも僕はなんとかなってます。若干後がない感じだけど。笑


生きていれば、旅に出れば、いろ~んな人が見えるし、会えるし、話を聞ける。


皆が皆、学校で教わる様な人なんて事は、まったくない。
個性的で、自由気ままで、今を生きていて、好きな事やってた。


福島で出会った方はもう66歳になるのに、まだ自転車で来年最後にアラスカに行きたい、行ける、と言っていた。

目は輝いていた。恐ろしいまでのパワー、欲望、希望。


人生、それでいいんじゃないですか。肩肘張らず、他人の迷惑を考え、自分の好きな様に、生きれば…

生きる事が正しい、って事も正解ってわけじゃないですからね。誰が決めたのか、と。
人を殺める・危害をくわえるのもいけない、とは法律上の話。動物は殺し合いをますよね。


ただ「人間として」生きる以上、見つかれば、「逮捕」され、「罰」を受ける。


そこいらを天秤にかけて、ワルい事をやる・やらないを考えたらいい。



こんなもんでよろしいでしょうか先生?笑


あー長くなった。ま、面白おかしくだけの旅なんて有り得ないですからね。


さて!だいぶ脱線しましたが、とりあえずのルートを。


山形は鶴岡市~鼠ヶ関、若しくは場合によっては新潟まで南下します。



クルマで。笑



はいさっそくチートしまーす!笑もう開き直りました。
もう嫌って言うくらいその路線は自転車やバイクやクルマで走ったので、悔いはありません。

んで、まこ亭氏と合流して、一緒に釣りでも出来れば本望ですね。


そんでもって北上し、僕のテキトーに決めたルート予定だと、
秋田と青森県庁を制覇して、北海道は時計回り(大体の方がこのルート)に周り、1ヶ月「くらい 」をメドにしています。


ま、その辺りはその時になったら考えます。



あと、最後にブログの写真についてですが、ガラケーユーザー諸君を始め、
かくいう僕もそうなのですが、データがデカすぎるからか、
携帯がなのか、このFC2がなのか、見れない場合が多々あります。
(自分で貼ってるのにェ…他のサイトなら見れるのにね。)

もし見れない人がいたらガラケーか否かを明記のうえコメして下さい。


ちなみに、現状、データ容量を100KB以下に抑えれば僕の携帯でも見られる様です。

逆に自分の携帯の画面のフルサイズ(480×854)でも、100KBを越えるとみれず、
一般的に「ブログ用」と言われる「640×480」サイズでも100KB以下にすれば見れる、という現象が。


そのため、加工に時間がかかり、大幅に携帯の電池を消費するため、旅先では写真のサイズが小さくなったり画質が著しく落ちたりしますが、ご了承くださいm(_ _)m


じゃないと、ブログ更新が滞ってしまうので、苦肉の策です…
かといって今更スマホにしたところでおそらく慣れなくて使いこなせそうに無いですしね。


あっあと準備ついでに最後にやっつけ仕事ですが荷物の総重量計ってみましたー。





で、重さは…


48kg~!!!!



うはwwwそこらのギャルと2ケツして日本一周してんのと変わんねぇwww


ちなみにキャリアとかの装備品で平均4kg位重量化してますから、単純に52kg。

そりゃ重いわけだよ…勘で詰めた割に、大体バック1個8kg前後位に収まってたのは上出来だったけど。

要らないであろうもの省いてみたけど400g位しか変わらないし…


アレです。食料(米、乾麺)と水分気のある調味料(サラダ油とか、マヨネーズとか)とか、
あとレトルトモノ(カレーとか)積んだのがかなり利いてます。
まぁ、使えば減りますけどね。米は1日3合(約450g)使いますから、
水や調味料など合わせて1日1kg前後軽くなる。


あとは、使っても重さが変わらないモバブー×2ケ、
カセットガスも満タンのを3本セットのを持ってるから、大体1kg位。
あと工具類か。スプロケ抜きとハブスパナ持ってますからね。自転車屋開けるレベル笑



ま、しゃあないっしょ…


あ、あと名刺も出来上がりました。








若干某印刷会社の社員のミスにより、ズレが生じたりしましたが…100枚あります。


コレから会った人、会いに行く人、余りそうだったら手当たり次第に配っていくのでよろしく~!


てなわけで、お待たせしました!再スタートでーす!
  1. 2013/06/08(土) 07:37:47|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

とりあえず今までの経緯をまとめて…一時休戦

えー予想した通り、ブログが滞りました。笑


すいません。各方面にご心配おかけしました事を深くお詫び申し上げます。



まー…携帯でPC並のブログを書こうってのがそもそもの間違いで。
そして私、小学生の頃から作文は得意でして、ハイ。(要は文を短く纏めるのが苦手


そして、悪い癖なんですが一つのことに没頭してしまうと周りが見えなくなり、
桧原湖で釣りに没頭し、ズルズルと日記が遅れ、一応文だけはメール欄に打ってあったのですが、
一番大事な「写真」を文中に入れるのがFC2ブログはハンパなく面倒くさい。


いちいち、過去の記事を編集画面に持って行き、画像をまとめてメールで送信。

数分後(場合によっては数10分)待ってタグ化された文字列をコピペ。
しかもそのタグはランダム?らしく、どの写真のタグなのかをブラウザバックして確認してからコピペしないといけない。


ただでさえ電波が悪い状況にくわえ、純正ACアダプターから給電している訳ではない為効率が悪いのか、
一枚記事を立ち上げるだけで電池がいとも簡単に半分近くまで減ってしまう。

既に旅から3日近く経過しており、モバブーの電気量も心配。



それに加え、エアマット置き忘れて取りに戻ったら無くなってるし、
フロントの中華パニアはせっかく治してもらったが違う部分が破れ、
中身はカバーをしていたが、やはり濡れ…


どうにもならなくなり、連れに迎えにきてもらい、6月1日、一旦帰宅。


で、熱帯雨林でエアマットともう一つモバブーを仕入れ、
ヤフオクで思い切ってオルトリーブバックローラークラシックをもう1セット落札し、今は到着待ち。


やっぱり、多少高くとも良い物を買った方が良いのは間違いないですね。
そしてコレで、しばらく人里に下りる事なく、シャイな野宿ライダーは気兼ねなく旅をすることが出来る、筈…


てなわけで、ざっくりとですが、数日間の内容を纏めてみたいと思います。


5月29日(水)は、朝イチから竿を振る予定だったが、小雨がパラパラ…
それと共に前日の疲れもあったので、携帯で調べものしたり、
グダグダしながら雨が止むのを待ち、昼前にテントを撤収。

この日は湖一周じゃないけど(一周32kmほどあります)、
同じ場所で野宿をするのも見た目的にアレなので、少しポイントの様子見と、昨日会った方に道の駅があると教わったので、
今日は勇気を出して道の駅に泊まってみようと決意。
(後からよく考えたら去年この道の駅バイクで通り過ぎてたわ笑)


湖の周りは程よいアップダウンが続き、道端も広く、
とても登れないなんて事はなく、桧原湖の横をひた走る事が出来る。
そんな中見つけた竿の出せそうなポイントを探して振るが…



またバラした…泣


何故?君たちガッチリくわえて…


ない。サイトフィッシングしたら、なんかワームを噛み締めてから口に入れてる…


やっぱりボーターの方が話しかけてくれた通り、プリスポーンだからか、外敵を排除する様に喰ってくる感じのバイトが多い。
基本的にスモールは回遊するらしく、交通事故的な釣り(回遊待ち)が多いみたいだが、
この時期(六月)は違うらしく、いわゆる「居付き」って奴が居る。

だから、ラージよろしくストラクチャーの周りや、
桧原湖は比較的岩盤が多い(元々火山が噴火して出来たとか言ってたかな)から、
ボトムが岩のところに必ずといっていいほどステイしてるので、
その近くを「ゆっくり」引いてやると、ガバッと躊躇する事無くアタックしてくる。

逆にジャーキングやトゥイッチは特に要らない気がしました。というより追い喰いしてこない。

その割に、トップに果敢に出てきたり、一旦ミスフックしてもまたアタックしてくる不思議な魚…


でも一つ言えること。めっちゃくちゃ魚影が濃い、ということ。
コレだけデカくて(一周32kmて…)深くて(岸から50メートルも離れないうちに水深10メートル以上ある)
インレット(豊富なプランクトンと水量)があって、
ベイト(桧原湖は冬のワカサギ釣りが有名だし、昆虫類も売るほど居る)も豊富だから、
バスのストック量も豊富で、いくら有名なバスポンドとはいえ、スレていないなのでしょう。

鯉なんかも居ましたが、目の前をメーターオーバーの鯉の群れが悠々泳いでたし…
(ワームに興味示した時は若干冷や汗かきましたが。あんなん絶対穫れない笑)

加えて数年前までは遊漁券の必要な湖だった事、
昨今の事情で人が来づらい事から考えても釣りやすいのは明白。

(※つりをしない人にも分かりやすく説明すると、
一部の河川を除いて(山形市とか)、「漁協」という団体が養殖魚を放流・管理していて、
基本的には「遊漁券」という魚を釣るための権利を買う必要があります。
(日本を釣り堀に例えていただければ分かりますかね。河川は国のものですが…)


で、2012年からだったかな?イワナやヤマメ、ワカサギなどの放射能濃度が高く、
政府の出荷・持ち出し規制があるため、福島県の漁協が養殖魚を放流しておらず、
漁協が遊漁券を販売していないため、実質遊漁券が要らない状態であるらしい。
ワカサギは遊漁券要るはず。バスは雑魚扱いだから要らないって噂も)


山形は遊漁券が要らない河川は魚が抜き放題、釣り放題に近く、
僕も地元の川にたまに渓流釣りに行きますが、まぁ魚影は薄いし、スレてます。
  1. 2013/06/04(火) 17:49:56|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

食料を現地調達する為の器具~

えー出発も明日と差し迫っているにも関わらず、まだ荷物を纏められず、
かつ貯めに貯めたブログを今更一生懸命更新してる秋葉です。ご無沙汰してます。笑


フェイスブックやらmixiやら手広くやってるのが悪かったのかな…
ただでさえ大変な携帯電話によるインターネッツがなお大変です。
今までのブログ携帯電話でやってるのが周りからすれば信じられないらしい。(何発ボタン叩いてるのかな…



さて。今回の内容は、食料を現地調達するために、あるものを手に入れました。それは…






はいっ、アルファタックルのTRGRネクストリームうぅ~(866M





こらそこ!その金でスーパーで魚買えるだろとか夢のない事言わない!



やっぱり、僕にはコレがなきゃ始まらない。何か引っかかって出発出来なかったのもコレが原因かも…(言い訳


コレはいわゆる、釣り竿です。パックロッドといって、
通常は2.7mほどの竿を2分割(2ピース)して持ち運ぶのですが、
コレは自転車で言う「折りたたみ自転車」に相当するのかな。

如意棒の様に伸び縮み(テレスコピック)が可能で、畳むと50cm前後になります。



僕、釣りが好きなんです。いや、小学2年生からやってますが、好きというレベルを超越してるかも。

とはいえ自転車同様、タックルの値段とかにはあんまりこだわりがなくて、
基本的に使えればOKで、工夫やテクニックで補えば良い、と考える。


それにパックロッドは嫌いじゃない。元々2輪乗りでしたから、
釣りに行く=自転車かバイクになるわけで、走ってる時に何本折った事か…(遠い目


その上で携行性は非常に大切な訳です。まぁ、コレ買わずとも、
安い2ピースロッドもありますから、最悪折れたり盗まれてもいいや、
と自転車に括り付けたままでも良いのかもしれませんが…


釣り竿って、釣りする人なら分かると思いますが、魂が宿るというか、
相棒の様な存在で、魚を釣る度に思い出が増え、手放せなくなっていく。


幾ら安竿でも、盗まれたら悲しいし、折れたらショックですよね。
ですから、今回で出番は少なくなるかもしれないが、思い出作りに、と一揆念発、買いました。が。



うはwwコレ今持ってる安シーバスロッドより使いやすいwww



流石に定価で3倍近い(どんだけ安ロッド使ってんのよ...)だけあり、振りやすく竿のしなりも良さげ。今後バイクでよく庄内(海)に行くので、走っててナブラ(魚の群れ)を見つけたらジグ(ルアー)をフルキャスト!なんて事も…夢がひろがりんぐ、と。


やっぱり良い値段する竿は違うんです…


まぁ、某まこ亭氏http://ypkg3jz.blog.fc2.com/?mは、
僕の竿なんか足下にも及ばない超高級タックルを使って日本一周しながら釣りされてますが…笑


それに組み合わせるリールはまた激古な、中古屋で2千円で買ったガタガタのアルテグラ4000番。

コレ多分僕が中学生位の時(14年前)に売ってた奴だと思う。

さすが腐ってもアルテ、PEライン使ってもトラブルは皆無。巻きも重量も重いですけどね。(古いからね


コレにPE1号を150メーター巻いて行きます。

本当は房総半島や九州の青物に備えて1.5号とかにしとけば良かったがまぁ、今更遅いですな。(PE高いんです…2千円位するんです…


ちなみに先日バスと鯉ですが入魂しておきました。周りの視線が痛かった笑
(例えるなら草ロードレースに折りたたみ自転車乗って入賞するレベルなので…笑)






ルアーは先日Amazonで1本だけ買って大事に使おうと新品のラパラのCD7を1千円出して買ったら、
翌日タックルベリー(中古釣具屋)にほとんど新品の様なCD7や9や11が420円で売られてて、
カッとなって全て買い占めたのでそれを持って行きます。(アホ






あとは手持ちのルアーをちょこっと。例えば海の根魚やトラウト用に、コータックのスプーンとかワーム少々、
久しぶりにナマズ釣りたいのでヘドンのクレイジークローラー、
九州のキビレを釣るべくT.Dポッパーなど。


ちなみにロッドケースは自作しました。流石にいくらコンパクトになるとはいえ、
オルトリーブに入る訳は無かったので、元ホームセンター勤務の経験?を生かし、
塩ビパイプの部品などを組み合わせて、落としても壊れない頑丈なものを。






僕は色が黒が良かったことと、軽量化を図るため「雨樋パイプ」を使いましたが、
絶対に壊したくない(クルマに踏まれたりしても)なら、塩ビパイプで作る事をオススメします。

塩ビパイプなら安っぽく見えるから竿入ってなさそうに見えますしね。

因みに太さで言うとトラギアはガイドが小さいので、VU50あれば作れます。

他のパックロッドで、ガイドが大きい竿は60が必要になるかもしれません。

気になる制作費はいくら高くても1000円以内で出来上がると思います。
僕は他に中にロッド保護用のパイプガード?(筒型の発砲スチロール)を使いましたが、やはり総額は1000円くらいです。

カットはお店でやってもらえば道具も要らない。



サーセンねーマニアックで…
でも多分釣り関係で検索かけてきていただいた方なら「ウンウン」と言える内容だと思います。



で、ここまでしたり顔で書き連ねといて何ですが、ワタクシまだシーバス(スズキ)釣った事がございません。爆


まぁ、本格的に始めたの一昨年くらいですからね…まだ4回も行ってないかな。

なのに、もうルアーは数え切れないほど…(安いとつい買っちゃうよね…



で、せっかくシーバスのメッカの近くを通ったりするのだから、
流石にまこ亭氏の様な壮大なルールは作れませんが、一つだけ、作ろうかと。



旅中、必ずルアーでシーバスを仕留める!




無理そうだったら方法とターゲット変更します(卑怯




てなわけで、心優しい釣りキチの皆さん、こんな僕に救いの手を差し伸べていただけたらありがたいです!

例えば、あらかじめ用意したシーバスに針刺してくれる係りとか…(ヤラセ


というのは冗談ですが、一緒に釣りなど出来て交流出来たら良いな、という単純な考えてでーす!

ラパラについて熱く語ってくださる方なども募集してます。笑
  1. 2013/05/21(火) 10:20:04|
  2. 装備品のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。