秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

29歳にして遅咲き?の、一人暮らしもしたことない、お金もない地理も知らないのに自転車でニートが周る、日本一周記!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒くて光って頼もしいモノ

すいません遅くなりました。いやしかしガラケーからのブログ更新はめっちゃ面倒っす。
それもあるけど新年早々体調不良などもあり更新が遅くなってしまいましたm(_ _)m



てなわけで到着しますた。待ってたよ~。







おぉ…パッケージを開ける前から既に後光が差しておられる…






そしてこの無骨なdesign、誇らしげなmadeinGermanyの文字…ヤダアタシ濡れてる。



しかし、第一印象は「ちっちゃ!ホントに入んの?」というのが感想。





500ml缶と比較の図。


しかし、ひょく氏のブログをコツソリ草葉の陰から見ていたが、
「意外と入る」という前評判は見ていたので、杞憂だろうと中に詰め込む。




…あれ?前に20Lクラスザック×2にギリギリ詰め込んでた荷物が、
下手すると一個だけで終わっちゃう勢いなんですけど…(汗


そう。さすが専用品。簡単に言えば「頑丈なパン屋さんとかの紙袋」みたいなもんで、
送られてきた時はペッタンコだから小さく見えるが、
いざ荷物を入れてみると入るわ入るわどこまでがスッポリと…
激安シュラフだって圧縮したら下手すれば入ってしまう。


こ、コレは危険だ…下手すると家財道具一式持って行きかねないぞ。

いかんいかん…先輩チャリダー達はそれで失敗したり、苦行を強いられてきたのだから…


しかも防水ってのがイイネ。そして蓋を閉じるのも原始的、かつ確実に簡単に出来る。

ただ袋の端をクルクルッと纏めてビッと留めるだけだし、
クルクル度合いを減らせばかなり入っちゃうぞコレ。
ホントに前の中華パニア要らない気がしてきた(笑)


だってパニアだから左右別々に出来ないし取り外しは面倒だし、
もちろん非防水だし頼りなさそうだし、何入れるか迷う。多分食糧とか、比較的「どうでもいい」モノかなぁ。




ま、とりあえずサクッと取り付けちゃいますかあれ~って、取り付け方がわからん(笑)


確かQL1システムっていう「取り外し数秒」みたいな構造のはずなんだがなぁ…
(説明書見てもイマイチ分からん)



このフックみたいのを引っ掛け…あれなんか爪が出し入れ出来るみたいパキッ



あれ?折れ…いやハマっただけだ。んで、外すにはありゃ?抜けない!やばい!
(お前の頭がやばい





どうしよう…




ん?なんだこの取っt…




スポッ!





Oh...


詳しくはYouTubeのオルトリーブ公式アカウントで流してるこちらをご覧下さい。

http://m.youtube.com/watch?hl=ja&gl=JP&client=mv-google&feature=relmfu&rl=yes&v=9cy7rVLwEdw



いやぁコレは画期的…じゃなくてこれはイカン。確かに簡単に付け外し出来るが間違いなくすぐ盗まれる(笑)


かといってコンビニとか寄るのにいちいちはずしてもらんないから、


""



こういうロック的なもの取り付けるしかないだろうなぁ。
中身も簡単に開けられるっちゃ開けられるし…うーんドイツらしい造りだ。何がってこういう頭隠して尻隠さずな所。フロントバック(Ultimate5シリーズ)もそうだけど、
アタッチメントに鍵付けるのはいいが蓋に全く鍵がない所とかw


で、早速取り付けてみた。一応アタッチメント等も付属しており、
また、フックの場所も任意で変えられるため(3ミリのアレンキー必要)、
様々なキャリアや場所に対応するみたい。実際僕のMT-800Nにもほぼ問題なく付きました。


最初はYouTubeの動画見て「こんなただ引っ掛けてあるだけで大丈夫なの?」と思ったが、
うまく考えてあり、お互いが動かず、尚且つスムーズに脱着できる様になっていた。

ただ、フックが樹脂でキャリアが金属だから、そして一応フィッティングパーツは付属しているが、
当たり前だが完璧にピタリと止まるわけじゃない。


そこは本職。任せて下さい。仕事の合間に(コラ)アイデアを浮かばせ(仕事場に置いてあるので四六時中自転車と一緒!)
、キャリア部にビニールテープを巻いて隙間を埋め、ガタを吸収しました。コレなら外れない。


こんな感じになりますた


後ろから





横から




不思議なのが、「同じ位荷物積んでるはずなのに、重さやふらつきを感じづらい」ということ。

まだフロントキャリアが届いてないのでリアだけに付けて走ってみたのだが、
「重心がきちんと中心に有り、ぐらつかないので自転車もブレない」のですよ。


バック形状もきちんと「踵が当たらない様に四隅が斜め」になっており、
出来る限り荷物を中心に寄せることができるんで。

いやぁコレは良い買い物したぞ…勿体無いけど、通勤にも使いたい位。
いつもはザックを背負うんだけど、特に冬!背中が蒸れてかなわんのです。
そして使ってるザックがキャメルバックのミュールという自転車用ザックなんですが、
もちろん非防水だし、だいいち容量小さくてもう何も入らないし、かといってドイターなんかのバイクみたいに大きいザックにすると重くて邪魔になってしまうジレンマが。


コレ一個(片側)あれば上下の着替えに靴、弁当やらなにやら積んで、
帰りがけにスーパーでキャベツや白菜買ったって入りますからね。

しかも荷物を背中に背負わないから確かにアクションライド(飛び跳ね)は難しいが、
ちゃんと「道路を通勤」するんなら全く問題にならない。汗で汗冷えする事もない。

こうなったらちょっと予算が乏しいが、安い内に同社の巨大サドルバックも買っておこうかなぁ。
趣味としてロードのロングライドもやる際、やはり距離が長くなればなるだけ、
快適さを求めるほどに「荷物」が増え、積む場所を考えて…
しかしキャリアも泥除けダボもない自転車にもちろん付けられず、
シートポストキャリアという選択肢もあるが、仰々しいし、重いし、そもそも入れ物がないジレンマ。

あのサドルバックなら噂では上下カッパが入って尚余裕があり、
挙げ句その長さから「泥除け」の機能まで果たすとあればもう…


リクセンカウルという手もあるが、ちと高いし、「600キロ」とかはしない(予定)ので、そこまでのシステム要らない。
ま、それは旅が終わってからの話なので、おいときますか。


さぁ、あとはバーナーやテントなど「リアルに旅に必要なもの」を揃えれば終了だなぁ。
しかし…現状もう2013年来ちゃったんだよね。(あ、アケォメーッスもう半年足らずで、スタートの日はやってきてしまう…
めっちゃ緊張というか不安はあるし、「日本一周する意味有るの?」という、
至極真っ当な疑問もないわけじゃない。


でも…行かなきゃ。このままナァナァで済ましたらまた、後悔する気がするから。








よし。










さてAmazonでパックロッド(旅に持ってくコンパクトな釣り竿)でも漁るか(ダメ人間
スポンサーサイト
  1. 2013/01/15(火) 00:20:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。