秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

29歳にして遅咲き?の、一人暮らしもしたことない、お金もない地理も知らないのに自転車でニートが周る、日本一周記!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あと2日で、一旦休憩…恋問~広尾間130キロライド。

すいません。また、更新が滞ってしまいましたね。
ここ数日、100キロ以上走行を目標に走っているもんで、
今日なんかは朝6時半スタートという秋葉さん旅始まって以来の驚異の早起きなどしており、
結論から言うと実は自転車が壊れていて、あまり速度が出せない為、
1日暗くなるまで時間をかけても130キロしか走れないため、更新が滞ってしまっていました。

故障内容は「リムとスポークの接続部がクラックだらけ」になり、
いくらスポークを張っても1日でゆるゆるになってしまう状況です。

MTBの安いリムや軽量な薄いリムに剛脚さんが乗ると同じ状態になるとは聞いた事があったが、まさか自分がなるとは…


まず第一に、荷物が重すぎたこと。これによりスポークやリムが変形したことに加え、
曲がりなりにも4000キロ以上ほぼ毎日漕いでいればそりゃあ出力も上がるもの。

前は登れなかった登りを、ダンシングでガシガシ登れる様になり、
後半戦はヒドいときで立ち漕ぎした瞬間3本一気にスポークをねじ切ったりしていました。


その頃からやたらスポークが緩み始める状況が起き始め、
おかしいな、とふとリムを見たら…


画像


割れとる笑



コレを発見したのは知床峠に入る前。もうなんも出来ません\(^o^)/オワタ


とはいえとりあえず乗れなくはない(いや無理だろ)し、
割れた部分のスポークを緩め…ってフリー側ほとんどヒビ入っとるやないけ!


なんじゃこりゃあぁぁぁぁ(古


多分…この車輪が外れ。やたら左右でスポークテンションが違ってて、
フリー側パツパツにしないと組めなかったんです、

で、ダンシングやパワフルな漕ぎで異常にテンションが高まり粗悪品のスポークが折れる→強いスポーク入れる→リムを引き剥がした、と。


やっぱり32Hでは保たなかったか…あとはタイヤが28Cだから、衝撃がモロにリムに加わるのもあったかもしれない。

そんな状態で峠の下りを70Km/hでかっ飛ばしたり、
ジェットコースターの登り下りで60キロまでガシガシ漕いで突入するんだから耐えられるワケがない。


加えてトリプル&175ミリのクランクに、リアはMTBの32tのCS。無理すれば漕げちゃうんですよね。



そんなこんながあり、あと227キロ走れば、苫小牧港にたどり着き、フェリーに乗って八戸に下りれますが、
そこで僕の日本一周は一旦休憩に入らせていただきます。


というのも、やはり装備や自転車の見直しが必要で、
このままの状態(フルキャンピング)を維持するにはロードでは不可能。
じゃあ他の手持ちの自転車で適当に、というわけにもいかず、
当初の目標は、佐賀県の同じNEWEST乗りである森君の元に行く、と言うのが目標だった。


そして、資金的な部分、今後の計画…
せっかく歯を治してしっかり歯を磨いていたのに、
直した部分が痛み出していたりと、このまま通しで旅を続けるのは、色々な意味で難しいと判断しました。


確かに、他方面からヤジは入れられています。
言い訳して通しでやらないなんて根性がない、とか、色々と。


でも、日本一周したことがある・している人にしかわからない葛藤は色々あるはずだし、
逆に言えばしたことがない人からとやかく言われても説得力はない。


僕は僕なりの考え方とスタイル、ポリシーがある。
いくら旅人とは言え、乞食の様になってはいけないという考えがある。
それは形格好だけじゃなく、考え方や、方法など…


それを今の状態では貫き通せそうにないため、一旦休憩としました。


旅で一番ダメだと僕が感じたのは「焦ること」これに尽きます。


焦れば、見えるものも見えず、見落とし、考え方が凝り固まり、失敗を招く…

今回のトラブルも、やっつけ仕事から招いたものであり、自分が悪い。


だからこそ次は、完璧を目指す。ただそれだけなんです。
でもおかげさまで3カ月旅をして、たくさんの経験と、たくさんの旅人に会い、
必要・必要でない、もの・事柄が分かってきた。


だから、再スタートはうまく切れると思うんです。


僕は留年という形になるため、今年の日本一周組とは一緒の頃にゴールは出来ないし居れないが、きっとどこかで会うから、大丈夫。

特に社長(まこ亭)とはどっかで会うでしょうね。くされ縁ですから。言うて一昨日会ったし。笑



そんなわけで、明日は嵐の中笑の襟裳岬を通り抜け、12~130キロ走り、
明後日も同じくらい走って、夜中12時のフェリーで苫小牧から出ます。


長かった北海道&野宿生活も終わりかと思うと感慨深いものはありますが、
現状キャンプ場に客も1人もおらずポツンと独りでおって、
心霊スポット?らしく、周りで不気味な音に耐えながら寝られない恐怖もなくなると思うとひとしおです。笑


では、おやすみなさい。寝れるかな…(ガクブル
スポンサーサイト
  1. 2013/09/05(木) 00:10:46|
  2. 走行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。