FC2ブログ

秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

29歳にして遅咲き?の、一人暮らしもしたことない、お金もない地理も知らないのに自転車でニートが周る、日本一周記!

一気に北上~落とし物ライダー鼠ヶ関から酒田へ~6月10日

この日は、ニート&デヴライダー久しぶりの野宿&走行。
加えて他のライダーとコンボイ走行のため、若干の不安。

やっぱりあんまり眠れず、早め(5時前)に起床し、ウロウロ。
で、昨日食べれなかったメバル&ソイをまこ亭氏が…






あの、ここ居酒屋や料亭かなんかですか?という煮付けが完成。ご飯の進みが異常。初っぱなからダイエット失敗フラグの予感…


で、観光客の方々も続々、賑やかになってきた為、出発する事に。

ルート的には、海沿いを走り、鶴岡市の由良~湯野浜、酒田市辺りを抜け、
ギリギリ酒田港に行けるかな、と言った所。実際その位でした。

なにせ登りはそれほどないのだが、やはりトラックが多いこと、
道幅が狭いのに工事が多発で誘導員に歩道走行を促され、挙げ句歩道すら草が生えたり、道が悪かったり…

普通の自転車なら、全く問題ないのだが、やはり


(まこ亭自転車写真)


この状態ですから、通るのがやっと。加えて直射日光、寝不足で、体を蝕む…


ひと息つこうと、僕がよくバイクツーリングでキャンプをする、
米子漁港という場所で休憩中に、荷物の異変に気づく。



ロッド(釣り竿)が、ない…



どうやら出発時に積み忘れた模様。一気に血の気が引く。

荷物をまこ亭氏に預かってもらい、全速力で来た道を戻る。距離にして14km…30分かからない筈。


~結果~




ありました。良かった…
そして、巡航速度がハンパなかった、行きは軽い下りのため、
35~40km/hという驚異のハイペースで走行。
工事区間でクルマに追いつき、スリップを使うと更に速度があがる!


帰りも20km/hを切る事はなく、まるで足に翼が生えた様に自転車が走る。


泥除けとキャリアのついたロードで爆走する僕を見て、
周りの人々が「ヒソヒソ…あの人何かしら…さっき荷物積んでたわよねぇ...」みたいな視線を受ける笑


そして戻る。時間は測ってないが30分は絶対かかってない。20分弱?


帰ってロードに乗り換えたら、一体どんな事に…


ただ、インターバルトレーニングにはなってないから、心肺はあまり強化されてなく、やはりケイデンスが120付近だったり、
心拍数が140近くになってくると辛くなってしまうのは変わらないですね。

変わったのは「クランクを踏み降ろすトルク」と「バランス感覚」。そんなこんなで、せっかくなので大したものでもないが、
鶴岡市由良の「白山島」を案内し、海洋釣り堀と島を見学&一周。


うわー!アジがいっぱい居る!


すいません釣り人同士だとこうなっちゃいます…笑


アオリイカのメッカだけあり、豊富なベイト(アジ)の量。
ここで釣りしようかと考えたが、まだ昼前だし、距離を稼ごうと、北上。


次は加茂漁港に隣接する「加茂水族館」にご案内。
ここは日本でも唯一?のたくさんのクラゲが飼育されていて、
「クラゲアイス」という、くだらな…否、名物があり、
せっかく&暑いから食べようと、自分は10数年ぶりに入場。

水族館自体に興味はない(コラ)ので、入らずに食べれないか伺ったら大丈夫だそうで。

中(レストラン)におじゃまし、バリバリの庄内弁で井戸端会議をしている店員のBB…否、ミセスにアイスを注文。

ちなみに種類が異常に多いです。まこ亭氏は杏仁、僕は北海道ミルクを選択しましたが、
他にもカシスやらなにやらで10種類くらいあった様な…

あと、なんか他の人がアイスのパッケージを見ておもむろに「クラゲって書いてねーじゃん」とボソッと呟いていた。


い、いやきっとあのおばちゃんたちが独特の食感を生み出すために独自にブレンドしてるから書いてないんだっt…


味的にはまぁ、無味です。若干塩気はある様な?
食感は、「キクラゲ」っぽいかな(そのまんまやん

アイスが250円、ソフトクリームもあって350円でした。


ついでに加茂漁港も覗いてみるが、アジはポツポツ、かな?あんまり釣れてはいないみたい。


そして次に、湯野浜を通り、やたら露出度の高いギャルを観察し、2人でけしからんなぁ(ヲイ)とか言いながら、湯野浜温泉街に到着し、足湯に入る。

思わず浸かりたくなるがぐっと我慢し、再出発。


ここからは一旦海沿いを離れ、防砂林の中を駆け抜け、山形の代表する河川「赤川・最上川」を渡り、酒田市へと突入。

この辺りで60キロ弱走行し、さすがにペースが落ちてくる。加えて夕方近くなり、寝床の確保など…


そこで休憩と観光を兼ね、これまた特になんでもない観光地「酒田山居倉庫」をご案内。まぁやっぱり何もない笑


んで、山形県のご当地スーパー「ヤマザワ」をスルーし、
まぢにひどづのショッピングモール「マックスバリュ」さ行ったなよの。(何故突然庄内弁?

まぁこの地は…今は昔10年ほど前しょっちゅう来てましたから…庭みたいなもんで。え?いやいや釣りとかでほら。


え?聞いた話だと3日に1ぺんとか来てたらしいじゃないかって?



あーそーだよ!昔付き合ってた彼女が遊佐町だったから来てただけだよ!(何故かキレる笑



ま、今は…もう全く。ね。


話は戻しまして、酒田港に到着。今日はここをキャンプ地とする的な感じで、
釣具屋に寄り、道具を揃え、さぁいざ…



あれ?魚が…居ない。


他の方々を見ても魚をあげてる様子もなければ、
いつもはショアジギで賑わうポイントも、投げ釣りじいさんしか居ない。

あがってない訳じゃないけど、まだ魚が北上してないらしく、かなり渋いみたい…


なので、疲れてるし、釣りを諦め、近くの宮海海水浴場にて、一泊。


今日のメニューは…


きゅうりの浅漬けまこ亭風味~笑、焼き鳥のキャベツ炒め、もやしナムル、具だくさんわかめスープwith焚き火。


久しぶりに焚き火したけど難しい…ただ木をくべただけじゃ絶対に燃えないし続かない。

きちんと空気の通り道を作り、常に呼吸をさせないと、酸欠で消えてしまう。
1時間くらいかかってようやく安定した炎に。


やはり「黄色い灯り」というのは人を落ち着かせる色で、
パチパチ…という音、煙の香り…その中で酒を呑み、今日の出来事、明日への目標を語り合い…


1人だったら絶対に不安になる。まして未踏の地なら尚更。


最初はブログを書いて寂しさを紛らわそう、というちょっと軟弱な思いもあったが、
旅に出たらネタはたくさんあるしみんなに伝えたい事も沢山あるのだが、
もちろん電源確保の難しさもさることながら、書く暇も意外に無かったり。

それとやはり、義務的な作業、という概念が旅の臨場感を縛り付けられる気がしなくもない。


僕個人の考えだが、別にランキングなんてどうでもいいし、ちやほやされたい気持ちなんて少ししか持ってない(少し持ってんのかよ笑


あんね旅に出たらそんな事言ってられないくらいちやほやって言うか出会いの連続。
どこぞのイケメソ日本一周er共と違ってまだ女の子との出会いはないが。(ケッ


でも、毎日海を見て山を見上げ、風の匂いを感じ、自然に抱かれ、一晩を明かす…


荷物は沢山持ってるがそれでも足りない。でも、時折邪魔くさくなる、ワガママな自分。それが人間。

それでもムーミンの「スナフキン」の様な人間には、なかなかなれません…


最近データ収集すらしてない笑ので、アバウトな数値を。

距離 確か72キロ位

出費 1000円以下。ちょっと買い出ししたので使っちゃった。
スポンサーサイト



  1. 2013/06/14(金) 10:21:42|
  2. 走行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<救難信号とか出してません。生きてます。近況報告。6月19日現在の動向 | ホーム | やっぱり日本一周やーめ…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alljapanakb4416r.blog.fc2.com/tb.php/27-a35a2a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)