FC2ブログ

秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

29歳にして遅咲き?の、一人暮らしもしたことない、お金もない地理も知らないのに自転車でニートが周る、日本一周記!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋葉さん、走る発電所になる、の巻。

人の装備を散々バカにしつつ結局…





!Reechargeならぬkodacharge~、ハブダイナモで走って発電させ、携帯電話などに充電させる、いわゆるモバイルチャージャー、採用しました。






Q.どこで売ってますか?


A.売ってません。作ったから。


Q.お高いんでしょう?


A.うーん、一般に出回ってるモバイルチャージャーの半額以下ですかね。しかも2台分作れましたよ。



…もちろん私はそんな技術を持ち合わせていませんから作っていただきました。だから作成者の名字(Kodama)を入れて「Kodacharge」と名付けました。


って言っても「ハブダイナモ 充電」とググれば腐るほど設計図は出てきますから、あとは秋月電気などで通販して、ハンダゴテさえあれば作れそう、な感じでした。






本作品はそれらにアレンジを加え、過酷な環境下にも耐え、万が一に備えて修理が利き、なおかつ安く!がモットーに作りました。


付けた感じ。見た目はどこに装置があるかわかりませんね。







何故、自作したか。
市販品(Re○charge)の弱点は先述した通り「弱い」し「危険」だし「中身の部品がクズLV」。

ちょっと難しく書きますが、バラして中身を晒していた方の中身を見る限り、作成者は「原価1000~2000円位」だそう。

僕の装置は精密部品のそのほとんどを日本製で固めてあります。まず壊れない(振動等は除く)そう。

そして既製品は小さな内蔵電池と、USBコネクターがネック。

何故なら「一旦内蔵電池に蓄えてからしか」放電が出来ない(筈)から効率が悪い。あと発電効率も。それと飛ばし過ぎると最悪コンデンサが爆発する(らしい)。あと、USBコネクターを常に抜き差ししてて、(恐らく)基盤に直付けしてるから、USBコネクター自体は数千回の抜き差しに耐えられても、端子の足がもげたりしてしまう模様。
実際ほとんどのRe○chageは旅中で壊れた、と聞いてます。

それに引き換え自分のチャージャーはそこら辺りの弱点を全て克服している。

まず、電圧制御は3重壁で制御しており、いくらぶっ飛ばしても過電圧になることは有り得ない。90Km/h位出したらヤバいらしいですが。笑


それと、USBコネクターは配線タイプにしており、端子ではない為、ハンダゴテがなくてもいくらでも修理が効く。
USBケーブルは100均で売ってま~す♪(某ボンビーガール風


そして基本的にUSBの規格に沿わせている為、モバブーは勿論、携帯電話、スマホ、eneloopにナビ、何でも充電出来るメリットがある。

充電効率は、参考にさせていただいた方のお話では、1日走らなくてもスマホが満充電になったという事で、かなり効率は良いみたい。


そして最後。コレが元自転車屋として、技術者として、作成者と共に考え、備えた機能。

ハブダイナモなんだから、走ったらライトが点く様にしなければならない。


当たり前に思いますよね。しかしコレ、世のほとんどのモバイルチャージャーは付いていない機能なんです。(一部あります

何でかというと、ハブダイナモから直接チャージャーに繋いでいる為、ライトを使いたければ、チャージャーの配線を外して差し替えないといけないから。

といってもそんなに難しくはなくて、単純にハブダイナモからの電気を分けるスイッチを付けるだけなんですけど。
(流石に電気を付けながら充電はハブダイナモの出力的に厳しい模様)


で、前置きが長くなりましたが、僕のチャージャーは市販のハンドルライトの中にチャージャーを埋めこんでしまおうと考えた訳です。


そう。オートライト用1wLEDライトヘッドをね…(ニヤリ


この古臭いハロゲンライトのレンズ内に穴をブチ開けて、削って基盤とレンズを入れ、固定。走ると…










ライト機能を備えてますwwwうはwwwTERA便利www



すいません取り乱しました。
よりによってこのイモくさいライトに埋め込むって言う発想。
簡単に言えばカローラに2JZ積んじゃったイメージ。まぁ変態ですね。
(分かりづらくてすいません)



わざわざハブダイナモを装備してるのに、盗まれる&壊れるリスクのある電池式ハンドルライトを持ち歩く必要はなくなる訳ですね~。
気になる重量も電池がないから超軽。まぁ厳密に言えばハブダイナモ分重くはなりますけどね。そこはプライスレスかと。




普段はこちらのシマノ LP-X200を使い、埋め込んだライトは盗難や故障、破損時のスペアライトとしました。


ちなみに実験結果から言うと、設計時に把握はしていましたがやはり、ママチャリ用ハブ(6v-2.4wモデル)
では旅速度くらい(15~20km/h)だと電圧は大丈夫ですが電流が少なく、ちょっと充電、特にiPhoneは厳しい模様。

計算上だと約0.4Aで、20キロ前後でようやく0.5A出せるかな?くらい。
試しに後日アップするひょく氏と会った後140キロ走行した際1日繋いで充電したけど、満タンにはなりませんでした。

それと、ママチャリ用ハブダイナモをスポーツ車に組み込むにはもう1つ問題がある。




ご覧の通り、スポーツ車のフォークエンド間距離は100ミリ、ママチャリ規格は93ミリで7ミリ隙間が空いてしまう。
自分は左右にワッシャを挟んで共締めしましたが、あまり誉められた方法ではない。しかもフロントがクイックではなくナット止めになってしまうため、
クルマや電車に積み込む際、ひと手間かかってしまうのがタマニキズ。


多分今は在庫が増えていると思いますが、シマノに問い合わせた際、スポーツ車用ハブダイナモの在庫がほとんどなく、
生産が4月中旬以降と言われ、仕方なくママチャリ用ハブダイナモを使ったのでした。


まぁでも、無いよりは全然マシだし、これまた後述するアイテムが予想以上のポテンシャルを秘めていたのでした…(続く
スポンサーサイト
  1. 2014/04/21(月) 11:56:08|
  2. 自転車制作~カスタマイズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋葉さん、走る発電所になる、の巻。 | ホーム | 新しい銀輪~美人は3日で飽きるが…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alljapanakb4416r.blog.fc2.com/tb.php/52-d8594978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。