FC2ブログ

秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

29歳にして遅咲き?の、一人暮らしもしたことない、お金もない地理も知らないのに自転車でニートが周る、日本一周記!

親と孫?久しぶりのコンボイin日光





うぅ…昨日下も濡れたまま走ったからか、皮膚が柔らかくなったからか、股ズレ状態でイタイ…ワセリン塗ってないとやっぱりヒリヒリしてくるなぁ…

そんなこんなで今日は群馬県入りしました。大変だった様な、思ったより楽だったサ様な…いや辛いわ。と言う訳で本日の工程をサクッと。


道の駅たじまの端っこにある東屋にて一泊し、お互いに寒くてあまり寝れず、寝不足状態だが、テントを畳み、朝食。
僕はまだまだ生卵がたくさんあるのでTKGのTをWで頂く。テラ贅沢。


ここから(Iさんと呼びます)色々と奢ってもらってばっかりになってしまった…本当にありがたいです。
今日もお互い同じ121号線を走るには走るのだが、今市市から分岐があり、
僕は日光へ行き、そこから群馬県のみどり市方面へ、Iさんは自宅のある埼玉県へ行くため、そこでお別れとなる。

さすがにIさんは前日の疲れが残ったらしく、今日は今市のユースで一泊されるとの事。僕?もちろん野宿ですよ。金ないもん。ビールは買う癖に…


しかしこの判断が後ほど苦労?する事になるのだが、まず話を戻す。

朝、一晩中トラックがエンジンかけっぱなしで寝てたり、国道沿いで、かつ下り坂な為か爆走しやがってうるさいし、寒くてあまり眠れず、結果睡眠時間は2時間ほど。

でもちゃんと、旅中は5時には起きて、テント畳めるんですよね。我ながら大したもんだと感心。(当たり前だ@旅人


今日も朝から雨…2人ともテンソンはがた落ちだが、なんか晴れそうな雰囲気もあり、最初から登りだが、お互いに喋りながら、楽しく登る。

実はこの時からフロントの変速ワイヤー(アウター)が裂けてしまい、インナーしか使えない状態で登ってました。
まぁリアみたいに切れたらアウターで固定されるよっかマシですけどね。


んで、しばらく走ると…


画像


栃木県入り!写真を撮ってもらいました。これが出来るから二人旅は楽しい。


トンネルを抜けると下り!ようやく昨日頑張った成果が報われる瞬かn…



うぉーなんじゃこりゃー九十九折れの急勾配コーナーの連続…
た、楽しいけど雨だしもう僕のマラソン君タイヤが「フロントリア共に真四角でスリック形状」だからズリズリ滑る…

そんな心配をよそにIさんは難なく、いやむしろ安定してコーナーを「攻めて」いる。有り得ない70歳。さすが30年以上モーターサイクリストなだけある。(正直、ほとんどの自転車乗り(特にローディ)はコーナーがドが付くくらいヘタ○ソ。
理由は落車=一発廃車だからムチャが出来ないから経験が無く、おっかなビックリで走るから遅いし転ぶ。

MTBerとバイク乗りは「滑るのを知ってる」からムチャもしなければそれを利用して曲がれる。)


そうこうしているうちに、五十里湖とかいて「いがりこ」に到着し、休憩してきたら、少し空が明るくなってきた。
この五十里湖。完全に晴れていたらきっと釣れそう浮島などもあり、神秘的な湖だと思います。
桧原湖と雰囲気が似てる。山上湖特有の美しさですね。

この時点でだいぶ時間がかかってしまい、今のペースだと夜中になってしまうから、先に行ってくれていいよと仰ってくださいましたが、
せっかくのご縁ですし、僕は特に急ぐ訳でもなく、ナイトランは慣れてるし僕には都合がいい(クルマが少なくなる)から、と一緒に走ることに。

しばらく走ると見えてきたのは、昨日「行けたら行こう」と考えていた「道の駅ゆにしかわ」。
湯西川駅・温泉が併設された場所。正直野宿しやすいかどうかで言ったら個人的にはしづらいと思います。
夜9時まで温泉が開いてるのは便利ですが、逆を言えばその時間まで人が居ると言うこと。
僕のポリシー?としては「人目に触れない様サッと張りサッと去る」としている為、ちょっとその辺が…ね。
(とかいいつこのブログを河川敷の橋の下で朝8時にもなるのにテント張りながら書いてる矛盾)

出発時やここでも缶コーヒーを奢ってもらってしまう。
ありがたいです…普段お湯沸かして飲む派だから妙に高級感がw


ここで青空が見える!キター
さぁ行こう!と向かった先は鬼怒川温泉街。そうあの有名な鬼怒川です。
早めの昼ご飯を食べようとしたのだが、Iさん曰わく「湯西川のレストランは…ry」と言うことで、
当初はその次にある「川治温泉」と言う温泉街があったのですが、干からびたひなびた温泉街なためか、
ホテルはあるものの食事が出来る様な場所が無く、仕方なく通過。

鬼怒川あたりで探すことに。

またまた下り基調でたまに激坂をはさみつつ、標識に鬼怒川の文字を見て、あぁついに僕は関東に居るんだな、
と言う実感をしみじみ感じながら、着いたのは龍王峡と言う観光地。

ここはほどほどに食事処があり流石にボッ…高めだが、ここで食べようと店選び。
面倒なので入り口の一番はじめにあったやたら呼び込みを熱心にしているお父さんのお店に決定。

大盛サービスとのことだが1000円のカツカレー頼んだら「これ普通盛りだったらお子様ライスレベルだぞ」だし、
Iさんがご馳走してくれた泡の出る麦ジュースそれビーryは1本800円と、キャバクラもビックリの価格。

が、僕たちが自転車旅、遠路はるばる来たことを考慮してくれたのか、やたらサービスが良い。小鉢にお通しをたくさんくれた。
中でもお新香は美味しく、手作りらしい。ニシンとタケノコの煮付けも柔らかく煮てあってこれまたつまみにry


食後の運動も兼ね、Iさんは埼玉在住で飽きるくらいツーリングで見に来てるし、
大したもんじゃないが行って見るかい?と龍王峡見学に誘ってくれた。
僕独りで旅してたら十中八九行ってないの(荷物が心配&面倒くさがって)で、ありがたくホイホイついて行く。


激坂を下った先にあったのは確かにただの滝ではあった。
が、恐らく秋の紅葉の時なんかはかなり良い景色なのではないかと思う。
滝ノ下にたまったエメラルドグリーンの水に浮かぶモミジの葉っぱの写真なんかは釣りキチ三平に出てきそう。

ここで酔い冷ましじゃなかった腹を落ち着かせるため小休止しながら観光地について話す。
僕の住んでる場所は、毎年たくさんの観光客が訪れる「山寺」と言う場所のすぐ近く。
小学生の頃から自転車でつりなどをしにいったりしていたが、
この前社長とサラッと中(立石寺)まで見に行ったりしたにも関わらず正直いまだに価値が見いだせない。


そこでiさんは「君は、その素晴らしい景色や環境が当たり前だったから、特に何も感じないんだ。
東京には、あの有名な東京タワーに登った事がない人がたくさん居る。それと同じだろう。」

iさんは昔、埼玉から山形に日帰りでさくらんぼ狩りに来たことがあったそうだ。

小学校の帰りにゲリラさくらんぼ狩りとか行って食べたり(もう時効かな…農家のじいさんもコラーと追いかけたりしなかった)、
したり、手伝いでえんえんさくらんぼをもぎ、腹壊すまで食べた僕らからすればキチガイの所業であるが、それはまた違う事。

現実的に考えたら、日本と言う島国、特に本州はそんなにさほど変わらない。
でも、その中に、いろんなドラマや事件があり、人の営みがある。

それを見るのが「旅する」って意味なんじゃないかなぁ。とiさんの言葉を聞いて思った。さぁ行こう。今日のゴールはまだ先だ。
鬼怒川の水と共に下っていくと徐々に街が見えてきた。山の終わりだ。

と思って走っていたら


画像



交通費として自転車20円払ってくださいだってさ。俺の先導ミスだから、と、iさんが払っていただきました。

その先にも50円払う場所があり、迂回は出来るのですが、登ってないからなんとも言えないけど、
もしかしたら有料道路の方が走りやすいかもしれません。挑戦者求む。


片道2車線の道路に出て、「宇都宮」「今市市」の標識が増えてきた。そろそろお別れの時。
iさんはしきりに楽しかったよ、ありがとう、と言ってくださるが、
僕もまさか2日目にして誰かと走ることが出来るなんて思いもしなかった。こりゃあ今日の夜は寂しくて大変だわ…w


そしてついに、分岐点に到着。立ち並ぶ杉林の登り道の先に遠くに男体山が見える、あの先に僕は登らなくちゃいけない。

握手をし、あえて僕は呆気なくお別れをした。かえってここでグダグタするのは、かえって寂しさを助長するからだ。

大丈夫。また会える。会えなくても、手紙や電話などがある。

さぁ行くぞ!と踏み込むが、流石にここまで5~60キロ走ってきて昨日のつかれもある為、ペダルが重い。
なんせフロントインナーだから、効率よくペダルパワーを後輪に伝えられない。


ギアード車って確かに「見かけ上・理論的には」同じギア比はありますが、
ギア板、特にフロントが小さいほど、「伝達効率」が悪い気がします。

これは恐らくチェーンラインのズレに因るものもあると思いますが、
同じギア比ならインナーよりミドル、ミドルよりアウターでチェーンがまっすぐ回る方がグッと進む気がする。

初心者が無意識に重いギアを踏みたがるのもなんとなくコレがわかっているからかもしれない。

と、脱線しましたが、日光の観光地の激坂を黒い物体が顔を歪ませて登っていく、
そんな姿を見た外人カップルがボソッと「ohmy..crazy..笑」と言っていたのを僕は聞き逃しませんでした。


で、清滝辺りから、足尾銅山方面に梶を切る。
えっ中禅寺湖?なんのことかなぁ、おじさんさっぱり分からないな~。
日光東照宮?なんだっけそれ?あぁなんかゆーじろーくんがブログに書いてましたね。そっち見てください。


中禅寺湖は去年同級生に連れて行ってもらったんで良いです。
日光東照宮も中学生の修学旅行の時、バスと人酔いでゲロ吐きながら観光したんで良いです。

昔、僕そんなんでした。かなりか弱くて、乗り物酔いはするし、人ごみで嫌悪感はするし…
(いまだに人ごみは拒否反応出ますけど)


まぁ、日光はね…すぐ来れますから、僕がビックバイクを買った時のツーリング先として取っておきます。


ここで一人の自転車ライダーの方に声を掛けていただき、地元の方と言うことで先の状況を教えていただいた。

日足トンネルと言う約3キロ続くトンネルがあること、
そこを迂回することは可能だが、かなり登らなくてはいけないらしい。

ネットで調べたら「防塵メガネとマスクして登らないと排ガスで苦しくなる」とか、
標高プラス200メーターぐらい登って迂回しないといけないとか書いてある。


トンネルがなんぼのもんじゃい!北海道で何連続、しかも1個の長さ2キロとかあったんだからなんとry


画像

…そもそもトンネルに登る前に激坂である。


画像


iさんに押さずに乗った方が楽だとか講釈垂れた癖にソッコー押すクズ野郎。ムリムリ。


画像


ハァハァなんだよもう終わりかよハァハァしかもトンネル平坦じゃねーかハァハァ嘘つきやがって

画像


        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    ( )  ( ) ((●  ((●
   |       (__人__)    |    ___________
   \      |   |   /   .  .| |             |
__/     |   | .`ヽ      | |             |
| | /   ,..   |r┬-| .   i    .| |             |
| | /   /    `ー'´  i | .     | |             |
| | | ⌒ ーnnn        | |    |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

ホントに3km近くある…orz
スポンサーサイト



  1. 2014/05/23(金) 02:31:21|
  2. 走行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋葉さん、ついにイオナズン喰らうの巻ー《グンマーの洗礼》 | ホーム | やけくそ?濡れネズミライダー80キロ走る、の巻。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alljapanakb4416r.blog.fc2.com/tb.php/58-6a4d2efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)