秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

29歳にして遅咲き?の、一人暮らしもしたことない、お金もない地理も知らないのに自転車でニートが周る、日本一周記!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木に魚雷突進in熊本~ゲストハウスクマモソにて停滞…(1週間目

な、なにを言ってるのか分からねぇと思うが…



木に激☆突しました。
結果、ガチムチなストレートタイプのフロントフォークが有り得ないくらいグンニャリ曲がってしまい、走行不能に。

言い訳になりますが、決して熊本の女子のレベルが高くて見とれててぶつかったわけではありません。(3割位はソレ

朝からあんまりご飯食べてない&寝不足が祟ったのでぼーっとしてたのと、
熊本市内が結構歩道が狭いんです…ちょっとよそ見して目の前みたら木があって。
ブレーキかけたけどズリ減ったタイヤ、かつ西日本の歩道は美観維持の為かタイルが多いのかグリップしなくて止まらず、



シュキキー…ズドン。


あー。やってもた。(その時の発言


予想以上に激しくフォークが曲がってしまったので、
FBに上げたら多数の人から心配されまくったのですが、
僕を昔から知ってる人なら「あぁ、またか」位にしか思われないんです。


左折巻き込みや目の前で有り得ない場所に停車されて、何回バイクでクルマに突っ込んで吹っ飛んでったか…(遠い目



なので、「あっ、コレヤバい奴や」って思ったらその瞬間には乗り物から飛び降りてるから、さほど怪我もないんですね。これこそまさに怪我の功名www



…はい。人に突っ込まなくてホントに良かったと思います。気を付けます。


ですがまぁそこは、どのご家庭にもストックしてあるフロントフォークと(ねーよ!
、どの旅人も大概持ってるデュラグリスでヘッドにグリスをぬりたくり、装着、完成。なんと修理期間3日のハイスピードぶり。



なのに24日現在、熊本に居ます(苦笑


事実ゲストハウスくまモンには2週間弱、八代市の知り合いの家には2泊3日お世話になり、またくまモン家に戻り(笑)、
今は天草を目指しつつも台風に行く手を阻まれ、
くまモン家から30キロしか離れてない道の駅宇土マリーナというところで走行終了。(笑

まぁせっかく天草行くならね…きれいなとこ見たいじゃないですか。
まぁ言うて10日前から昨日まではずーっと晴れてましたが…
でもおかげで血液型が豚骨の「T」になる位熊本ラーメンを食べ(今んとこ九州で10杯位?全部スープ飲み干した&替え玉したら九州にビビられたw)、
体の水分が米焼酎になるんじゃないかってくらい「白岳」を飲み(酒瓶12本は伊達じゃない!)、今に至る。


え?阿蘇?あぁ行きましたよ。



じ ど う し ゃ で な !!(クズ

しかも行った目的は女子と川遊びというていたらく(笑


もうなんかいろいろとカオス(絶対11月に帰りきらんと思う…)ですが、なんとかコレから沖縄へ向かいます。

  1. 2014/09/24(水) 17:04:34|
  2. 走行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャリで来たin九州~10000キロ突破!9月3日時点の場所

ブログ更新がままならない代わりに、たまに見て下さる方のためにこういった形で記録をつけていきたいと思います。


んで、前回の続きから。
宣言通り九州入りしました。
山口県山口市にある「道の駅きららあじす」という場所で、
大学生ツーリストのアダチ君という19歳の子と夜を明かす。

朝5時に起きた彼は、ここから150キロ近く離れた広島駅まで行くのだという。
かなり遠いぞと思いつつも、軽めの朝ご飯を食べさせて見送る。

んで結果から言うと僕も140キロ走りました。
前の晩深酒?(深夜にちょっと酒)して睡眠時間2時間なのに(笑)


下関までは比較的コンスタントに走れて、サクッと人道トンネルという山口県と福岡県を結ぶ海中トンネルをくぐって北九州入りしたのですが、まぁ運転が荒い&道が狭い。

そして北九州市で野宿しようかなって言ったら仲間や地元の九州人全員から大反対に遭う(笑


そのため、睡眠不足で妙にハイテンションな僕は、
坂だらけ&半端ねートラックやダンプの猛攻撃の中ガシガシに漕ぎまくり、なんと140キロ離れた福岡市にある県庁に1日で到達してしまう(笑


正直最後の方辛かったんですが、途中のスーパーで山形から来たの?!と、話しかけてくれたおじさんのおかげで救われました。

そして本来であれば福岡市の隣にある筑紫野市に住むねこねこさんという方の家に寄るつもりが、
森くんが佐賀県の大都市鳥栖cityから遠路はるばる迎えにきてくれるということで、
ナイトランになってしまい暗くて県庁の看板を探せなかった腹いせに1人でクラシックラガーで乾杯。笑
(後日行ったらあと数m先にあったっていうね…orz)


その足で「大砲ラーメン」という非常に濃ゆい豚骨久留米ラーメンの洗礼を受ける。
なんかスープがザラザラしてました。豚肉骨粉らしい。スムージーかっつうの笑


それから数日間、僕は森家にて山田ニコライ1世(猫)の様に毎日ご飯をご馳走になり、
好き勝手に佐賀に送っていたロードレーサーを乗り回し森くんを市中引き回しの刑にしたり、(av26.8km/hとかヤバいと思いました。足が止まらん状態…)
豚骨ラーメンを計3杯も食べたり、
ねこねこさん家に行ってここでもたくさん餌(ご飯)を与えられダチョウを見に行ったりし、
野宿旅という事を忘れそうになったので、豪雨の中福岡県庁リベンジした後大宰府天満宮に行ってお石茶屋で梅ヶ谷餅というのをお土産に買ってまた森家に舞い戻り、お知り合いの方などと呑みに行き、焼き鳥と旨い日本酒をご馳走になり、
仕舞いにはねこねこさんにもご馳走になった「KIRINYA」という店のハンバーグと、
その店で修行して鳥栖に店を開いた所に行きこれまたハンバーグをご馳走になってしまう…


他にも吉野ヶ里遺跡という名の佐賀県の一般的な民家が立ち並ぶ場所を見学したり、
湿式貝塚とかいうどうでもいい珍しい貝塚を見に行ったり、
佐賀県にはクリークと言ってそこいら中にデカい側溝というか水路があってフツーに雷魚が居たりして、
竿を振るか振るまいか悩みながら走り佐賀県庁を制覇し、鳥栖からその日の内に長崎県入りして坂だらけの町を爆走し、
ハウステンボス~佐世保にて佐世保バーガー~夜10時に西海市入りと脅威の149.36kmという記録を叩き出す。

そしてお約束のド田舎で泊まる場所なく雨の中の幕営で浸水式をし、朝晴れるパターンね(笑


今日は長崎市に入り長崎県庁制覇して、
なんなら明日(9月4日)行くつもりだった雲仙市までもちょっと坂がキツいが行けなくもないがどうしようか考え中なくらいで今に至ります。


バババッとで申し訳ないのですがそんな感じです。

今週末には熊本市入りして実はコッソリかわいい彼女に振られていた元日本一周人のクマモンを慰めに行き、
それが済んだら八代市に住む北海道で一緒に少しだけ走らせてもらった、
僕のおやじと同い年なのにめちゃくちゃ速かったおじさんに会いに行き、
そのあと鹿児島県入りして佐田岬は行くか行かないか迷い中で、
ついにラスボス沖縄入りは下手したら来週の今頃(10日前後)なのではないでしょうか。


今までがかなりのんびり旅だった為周りから焦ってる?的な感じで聞かれたりしますが、
働くはずだった職場のオープンが早まってしまい求人がスタートした時点で諦めてますし、
資金は乏しいといえば乏しいのですが、豪遊しなければあと1ヶ月くらいの旅路ですから何とかなると思います。


なんだろ。やたら最近調子が良いんです。100キロ越えとか当たり前。
まぁ前途の通り30キロも荷物を積んで1年以上走ってますからね。
最近荷物を下ろして軽くなりはじめたからなおさら。
多分一般的な旅人と同じ位の重量なら200キロとか余裕で走れますね。レーパン無しでも。


帰ったらブルベとか積極的に出たい。久しぶりに自転車乗るのが楽しいんです。
少しずつではあるが体重も落ちてきてるし、身体がどんどん健康になっていくのがわかる。
なんとか3~4年前のベストな時に近付けたい。
歳はとりたくないですが、そんなことも言ってられないので、体力と気力でカバーする、そんな感じです。


さぁ、長崎チャンポンでもいてこましたろかい!(食い物ばっか…
  1. 2014/09/03(水) 11:57:35|
  2. 走行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

8月24日時点の現在地。

すいませんめちゃくちゃ更新してなくて…
実は、まこ亭あらためモジャ亭&キヨに会ったあと千葉を抜け神奈川から箱根峠に入ったのですが、
なんと箱根峠下りでハブフランジが割れる&ケータイ水没という二大トラブルが発生し、また実家に帰宅し、
1ヶ月ほどかかり修理を済ませ、予想以上に大したことのなかった富士宮焼きそばを食べてから、
河口湖で釣りをしてボーズを食らってから「山梨県庁」に行き、なぜかふーみんと奇跡の再会。
そのまま下って「静岡県」でヤマハとスズキの博物館に行きーのさわやかでハンバーグ食べーのして「愛知県」に入り、
喫茶マウンテンでフジコメーンと遭難しかけ、コメダ珈琲にてシロノワールに萌え、
その足で光の速さで「岐阜県庁」をサクッと往復して「三重県」で釣り三昧の4日間を過ごし、
リア充スポット伊勢神宮に行き、熱中症になりながら紀伊半島の入り口をえっちらおっちら走りついにやすおの地「和歌山県」へ。

海南市のど真ん中で3日野宿していろんな人と会い、
最初に大阪に行かず和歌山港から四国は「徳島」に行き、
香川県に北上し、高松にてmixiで知り合って6~7年経ったビチバスことマスモトくんと運命のオフ会。
そして8年ぶりに運転士さんこと森本さんに再会し、
また再会するため時間つぶしに愛媛県に行くも台風に苦しめられずぶ濡れで走行した挙げ句キャンプ場で野宿。
路面電車の線路でスリップして落車して指を切って血だらけ、
バカドライバーが歩道の信号青なのに突っ込んできてまた落車してバックに穴開けまくってほうほうの体で道後温泉にたどり着き、
ふーみんのオススメしてくれたエコ道後と言うゲストハウスで2泊したらオーストラリア人と仲良くなり、
財布なくした無くさないだのトラブルを助けてあげて、秋葉さんのえいごりょくが18あがった!状態に。


んで、お盆はじめだったので、ウチのツレが水漏れオイル漏れ3速のシンクロ逝ってる?18万キロオーバーのボロプレッサを駆って四国入り。

高知県は未曽有の大災害の為自転車での上陸は断念し、
1日800キロの水曜どうでしょうも顔負けのドライブをして足摺岬~高知県庁~土佐でカツオのタタキを食べ、
徳島で運藤くんに会いまた帰りに香川に戻ってマスモトくんちに無理やり泊めてもらい(笑)、
大阪までクルマで戻り、門真市の最終兵器オカピーハウスに行く。お兄ちゃんとも感動の再会を果たすも、あまりの骨皮ぶり(痩せこけてた)に笑いが止まらなかった。


そしてオカピーの社会人の経済力を見せつけられ、旅始まって以来と言っても過言ではないすき焼きをご馳走になり、
オカピーとはねぶたでは少ししか話せなかったけどかなりやはり考えや芯のある旅人で、
やはりあのTのバッカーズとか言うふざけた集団の名前でも、いい人間が集まったんだなぁとつくづく思った。


そしてたこ焼きをちょっと食べて、恐る恐る朝一番で大阪民国を走るも、
いい人大杉でワロチ状態に。
コンビニで飯喰ってたら子ども載せた自転車の怖そうなお兄さんだと思ったら話しかけてくれて、
僕に1000円渡して断ろうとしたら電動自転車だから光の速さで街に消え去ってったり、
大阪府庁しょっぱいなぁとか失礼なこと思いながら休憩してたら犬の散歩してたおじさんにコーラご馳走になったりと大阪いい人過ぎでしょ…

そして兵庫県に入り、昼休憩がてら県境のコンビニに行ったら後日3日も行動を共にすることになる社会人自転車ツーリストのワカマツくんと出会う。

そして兵庫県~岡山県、岡山県でカオナシと再会し桃や日本酒をいただき馬鹿話をしてお別れし、
ついに中国地方のメインとも言える広島県へ。
ワカマツくんとは尾道でお別れする予定だったのだが誘惑に負け、2日かけてしまなみ海道を往復した(笑

でもすげー楽しかったし行って良かったし別れが辛かった。久しぶりにこんないい子と知り合った。

あっそう言えばお盆中しまなみ海道ちょっとだけ今治側から走った時に一緒に走った茨城からきた日本縦断チャリダーはどうなったんだろ。
名前が…思い出せない…すげー難しい名前なんですよ。とう…くつわ…とか…だった様な…

プチやまめの学校開いたらクリート全開で外れなくて落車させてしまった…(スマンです…
それで自転車屋がいかにテキトーに物売りしてるか再認識した次第。
ビンディング初心者にクリートバネ全開はないやろ。
SH-56だったからまだ外れたものの、シングルリリースだったら間違いなく何回か転んでるぜ。
キャリアも付け方間違ってるし。下手したら走行中キャリア外れてえらい目に遭ってたと思う。そしてそして、広島市内に入り、ウチの弟の嫁さんの実家が広島市内で、泊めてもらい、
なぜかまるちゃんと一緒にご両親に食事に連れて行ってもらうというなかなかシリアスな展開に(爆

そして今日山口県入りし、今は岩国市の運動公園の更衣室入り口にて就寝中。
雨怖いからね。とは言っても誰もきやしません。周りに民家ないし。


長くなりましたがざっとまとめました。
コレから下関市に走り、明後日にはついに修羅の国福岡に行けるんじゃないでしょうか。


九州、かぁ…まさか初上陸が自転車になるとは(笑)

まぁ、結構いいペースで進めてるし、リアのスポークが4~5日前連続で計4本折れたりはありましたが、多分大丈夫。

お盆中に振れとりしなおしてかなり緩めに組んだから、フィーリングはグニャグニャだけど振れは出づらい。

あっそう言えば森君とも初のオフ会したんだった(忘
  1. 2014/08/25(月) 03:56:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

砂浜シクロクロス~勝浦ライド~サーファーだらけの九十九里浜。

今は某丸田氏のお宅にご厄介になっています。秋ヶ瀬久しぶりに来たなぁ…



さて、では5月31日の記事を書いていきましょうかね。

朝5時半に起床、6時くらいに撤収。あんまり人が来ず良かった。
サラサラッとご飯を食べつつ、今日の予定を立てながら、海を見ていると釣り人の数々。
どうやらこの辺りは「イシモチ」という魚が盛んに釣れる様で、それを狙った人たちが朝から釣り糸を垂れている様だ。
イシモチかぁ山形にはあまり居ない魚だから釣ってみたいなぁ、と思いつつも、
話では波が荒く、遠浅なため20号のオモリを5~60メーターぶっ飛ばさなきゃいけないから、僕のタックルでは残念ながら釣れそうにないので断念。

今日はサイクリングロードを走ってみようとそちらに舵を向けるがこの道路が走りづらいのなんの…


画像


ここはサウジアラビアかどこかでしょうか。なんだよこの砂漠ぶり。風が強く道路に砂が堆積してしまっている。
普通の自転車ならなんとか走れるのだが、僕のフロントがクソヘビーな自転車ではフロントが刺さってしまってまともに走れない。

それでも毎年雪の中を自転車で走る経験を生かし何とか走る。むしろちょこっと楽しかったり。w

でも障害はそれだけではなく、津波に対する堤防の工事をしているらしく、時々迂回させられたりするのだが、
事実上絶対自転車が走れない様な場所でも通行止めの掲示がなく、何キロも戻らされて迂回させられたり、
釣り人などがバイク通行禁止だって言ってるのに我が物顔で入ってきたり、
釣り竿を通行の妨げになりかねない様に立てたり、サーファーが道路の真ん中で大道具広げて占拠してたりと走りづらいことこの上ない。睨んだら避けてはくれたけど。なんで他人のこと考えられないかなぁ…


そんな胸くそ悪い思いをしつつも人が居なくなればキレイな海を横目に走れるのだが、いい加減それがイヤになり、一般道を走ることにした、が、
今度はトラックが爆走&幅寄せしてくるわ、良い歳したオッサンが原付ノーヘルで蛇行してたりとここは一体日本なのかと言いたい位のひどさ。

加えてこの日は天気が良く暑い…

フラフラになりながらもなんとか九十九里の中でも比較的栄えている場所に着き、お腹も空いてきたが、
今まで節約生活をやってるせいかケチケチ根性が働いてしまい、生イワシの刺身定食など美味しそうなものを見過ごし、九十九里浜をスルーしてしまった。笑

九十九里を越えると、明らかに「貧乏人お断り」みたいな、サーファーショップやホテル、ペンションが並ぶ道を走って行く。@地味にアップダウン有り
流石にこの日は暑く、連日の疲れや寝不足から、若干熱中症?ハンガーノック?脱水症状?になってしまい、コンビニでアイスクリーム食べてぐったりしてたら気付いたら1時間位寝てしまっていた、、、危ない危ない。
  1. 2014/06/16(月) 23:11:34|
  2. 走行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょうし(銚子)に乗って爆走~そしてはぐれ狼一匹旅に戻る~房総半島一周記一日目。






ようやくリアルタイムに2週間以内に追いついてきました。いい流れだ。
とは言え一週間南に全く進んでないどころかむしろ今日は社長(まこ亭)と会うから30キロほど北上するていたらく。
やばいなぁ年末まで家(山形)に帰れんのかコレ…資金的にも日程的にも。


さて、この日は茨城県を抜け、ついにピーナッツの國、そしてまこ亭の生まれ故郷であるつば県千葉県に入りますよ。

房総半島は数々の出会った方にオススメされ、ウチのオヤジが若い頃千葉に出稼ぎに来ていて、房総半島を回った、という話を昔聞いていたので、行ってみる事に決定。
距離的には500キロもないかな?1日100キロ前後走り、4日くらいで抜けれたので、
日本一周の練習や、景色「は」良いのでちょっとした自転車旅をするには悪くないかもしれません。

「は」と注釈を付けたのは、僕ら貧乏旅人にはあまり向いてない地かも、しれません。
都心に近付いているんだな、というのが如実に感じられる部分もありました。


それでもちょっと道を外れれば田舎の優しい方にもお会いし、お話したりは出来たので、僕の若干の偏見もあるかもしれません。


それではスタート。





この日は夜釣りに加えて天気が良く、日が射したら暑くて7時半くらいに起床したため、
睡眠時間が3時間くらいしか取れなかった為、フラッフラ。
テントを畳んでグダグダしつつ、ゴミ捨てをして、






モンスターに化けるべく(誰だ!見た目が既にモンスターって言った奴)気合い入れて、さぁ目指すはピーナッツの国。鹿島灘方面に向けて舵を切ります。
ここら辺は平地が多く、比較的トラックも少ない?ので割と走りやすいです。

えっちらおっちら走っていると、後ろから見たことのあるボロボロの軽自動車が。



あれ?



昨日別れたと思ったおじさんじゃんw

なんか僕をストーキング探していたらしく、房総回るというのを覚えていたのか、大通りを走ってきたんだそう。

しかしここでクルマと自転車旅の相違点というか、意思の違いがあらわになる。


ちょうど昼時で、僕はさっきのモンスターエナジーと軽食しかしていないのでフラッフラ。
かたや相手はクルマで、距離に関する感覚が麻痺しているのか「ちょっと先に」すき家さんがあるから行こう、と言われ走る、が。


500メーター…ない。

1キロ…ない。ていうか建物がなくなったぞ。トラック運助用に僻地に建ててるのかな?まぁいいやもう少し走ろう。
5キロ先


ない。



10キロ先


ない(イラッ


15キロ先


…(無言


20キロ先


カタカタ(携帯のナビで検索)



さっきの場所から25キロも離れとるやないかい!ないかい!ないかい…



鹿島市を抜けてしばらくした所に確かに街があり、そこにすき家はあった。


でも普通「ちょっと先」って言ったら少なくとも1~2キロ先を示すと僕ら(じゃなくても思うか)は思うが、
自動車の人たちは坂道を「ちょっとダラダラした登り」とか、10キロ先を「もうすぐだよ」と言う。


もちろん悪気はないと思うのだが、話半分に聞いとかないと自転車、荷物を積んだ人なら尚更つらい目に遭うと思います。


とりあえず一緒に食事をしたが、突然行き先も告げずに買い物に行き、しばし待たされ、
とりあえず今日はここに行こうここに泊まろうこうしよう、と言われ、とりあえず走る。


画像


おしい。



そしてしばらく走ると。






おぉ、この橋を渡ればついに…






はい水曜どうでしょうでございます~千葉県です~。


ちょこっとだけ街中に入るもすぐ田舎道になり、銚子に入ってから、写真は撮ってないのだが臭いが酷い…

それもそのはず、そこかしこに魚の死体がバラまかれているのだ。理由は簡単。
漁師が穫った魚をトラックに積み込むのだが、その時にボロボロ落としていくから。勿体無い以前の問題である。
ゴミもひどく、そこかしこに捨てられているし、道路が黒い。排ガスのススのせいだろう。なんつう場所だ。


でも、そこを抜けてしまえば


画像


こんな感じのキレイな海が見えてきた。その先に待ち合わせ場所の犬吠埼という岬がある。


画像


こんな感じの灯台があり、お土産屋さんもあったりと、サイクリストやドライバーがたくさん集まっていた。僕はもう少しゆっくり見たいというか、
自転車の人たちもいるので話をしたいな、などと考えているのを読んだのか、
他の方々と話をしていたら突然どこかに行ってしまい、見失ってしまった。


今思えば、道の駅に居た頃からそうだったのだが、多分僕が他の方にチヤホヤされるのがあまり面白くないというか、複雑な心境もあったのかもしれない。

これはプライベートなお話なので多少はしょって話をするが、彼は定年前にリストラされ、奥さんに先にあの世に旅立たれ、
息子さんの嫁さんと折り合いが悪いらしく、居心地が良くなく、旅に出たらしい。

だから世の中に居場所がないのだ、という。今思えば突き放してしまい悪いことをしたな、とも思う。


そんなこんなで漁村の中を走ってみたり、漁港を見学してみたりしていたら良い時間になり、
そろそろ泊まる先を、と考えたが、ここから観光地特有の問題にさしかかる。


そう、野宿出来そうな場所がなかなかないのだ。
まだ銚子辺りは比較的楽な方だが、千葉市に近付けば近付くだけ人が多くなり、公園などで人目に付きやすくなる。

途中であった原付の旅人らしき人にどこでも寝れる図々しさがなきゃダメだよ、みたいな事を言われたが、
そういう事をするから旅人は…って思われるのが自分だけじゃなく他の旅人も思われるのが嫌で、なるだけ人目を避けている。

で、約束?した場所に言ってみるがとてもテントが張れそうな雰囲気ではないし、大学のキャンパスがあって学生がたくさんいるから、
コッチをジロジロ見てくるし、万が一不審者扱いされて通報されてもかなわないから、もういいや自分で探そう、と走ることに決めた。

が、ここから結構なアップダウンを走らされることになる。
アップダウンって言ったって、北海道の様なオホーツク海沿いに似てるかな?リアス式程ではないが、山の間を「まっすぐ」縫って走るので、
ドカーンと上がってドカーンと下るのだが、コレがキツい…
もう体力的にも、精神的にも参っているし、立ち漕ぎで漕げなくはないのだが、
また金属疲労でスポークが飛んだらかなわないから、無理をせずに押すことにしている。


小さな岬の片隅に幕営出来そうな場所があるのだが、水を汲み忘れ、
すぐに食べられるものはなんにも買ってないし、トイレは良いがコンビニもなく買って街から戻るのもしんどいので、ひたすらおす。

ふと、たまに鼻をつく青臭い匂い。キャベツだ。うまそうだなぁ…(コラ
キャベツ畑の横に座れそうな石垣があり、座って休む。カップルや仕事帰り?の人たちが、哀れむ様な目線を僕にやり、通り過ぎていく。


あぁ、なんでバカみたいなことやってんだろ。とフと思い、また現実に戻され、なんか笑えてしまい、また自転車に跨がって走り出す。


何回か同じようなアップダウンを乗り越えて、街が見えてきた。ってことは海から離れたから、まだ泊まれそうにないなー…

人が増えクルマが増え、走りづらい。が、とにかくここを抜けなくては仕方がないので、
チンタラ走ってる癖に、抜いても信号無視してバトルを挑んでくる?
自転車厨房をダンシングで完膚なきまでに差を開かせて遊んだりしながら、ようやく九十九里浜沿いの自転車道的な場所に出た。

ここはどうやら海水浴場も兼ねているらしく、なんとトイレに冷水ですが「シャワー」がついてるのだ。
サーファーの人たちがシャワーを使っているのを見たので僕も遠慮なく浴びさせてもらいました。
良かったー。犬吠埼付近で有料のシャワー浴びようか迷って浴びなくて。

そうこうしているうちに暗くなり、そろそろテントを張ろうかしら…と思ったところに犬の散歩をしに来た近所の方。

色々話をしたが、理解のある方で、話し方から優しい方なんだな、と思ったらその散歩をしに連れていた犬も捨て犬を拾って育てたらしい。
良い飼い主に拾われたなぁお前は、と頭を撫でて、お別れ。さぁ寝るかい…



走行距離 96キロくらいだった
  1. 2014/05/30(金) 15:03:17|
  2. 走行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。